情報整理術の数々! PICK UP!

[Android/iPadOS編]OneNoteでファイルを挿入する方法とは

前回、Windowsパソコンの「OneNote for Windows10」で添付ファイルをページ内に挿入する3つの方法についてご紹介しました。

今回は、同じ「挿入 -> ファイル」という作業を
「AndroidOS」と「iPadOS」で行うと、Windows版とはどのように違うのかについて見ていきたいと思います。

Android版のOneNoteでファイルを挿入する

Android8.1が搭載されたタブレットにインストールした「OneNote」でファイルの挿入をしてみます。

任意のノートブック内のページに、エクセルファイルを挿入してみました。

「挿入」タブを開くと、クリップアイコンのボタンがありますが、これが「ファイルの挿入」ボタンとなります。

Windows版では、挿入するファイルを選択した後にどのように挿入するか、と3つの方法を聞かれましたが、Android版では、「ファイルの添付」としてページ内に挿入されます。

挿入したファイルをダブルタップ、もしくはロングタップすると
「添付ファイルを開きますか?」
と聞かれます。

そのまま開く場合は、「開く」をタップします。

エクセルがインストールされていないと・・

エクセルファイルをOneNoteのページに挿入しても、タブレットにエクセルがインストールされていない場合は、代替のアプリで開く旨のメッセージが表示されます。
例えば、Googleのスプレッドシートがインストールされていればスプレッドシートでファイルを開けるのです。
もし、エクセルに代わるようなアプリがインストールされていない場合は、「使用できるアプリがありません」というメッセージが表示されます。

「Android」で挿入したファイルをページ内から削除する場合は、ファイルをタップして選択します。

USB接続している物理キーボードやキーボードアプリなど利用しているキーボードのバックスペースキーをタップすると、挿入したファイルが削除されます。

iOS版のOneNoteでファイルを挿入する

iOS版のOneNoteで挿入されるファイルは、Windows版やAndroid版とはまた少し違った動作を見せます。
画面は、「iPadOS13.1.3」となります。

iPad版のOneNoteでは、「挿入」タブに「ファイル」と「PDF」の2種類が用意されています。

「ファイル」から挿入すると、「添付ファイル」の形式となり、
「PDF」から挿入すると、「印刷イメージ」の形式となります。

上の画面は、「挿入」タブの「ファイル」をタップして、エクセルファイルを挿入したところです。
ファイルがそのままページ内に挿入され、Windows版の「2つ目」で見たのと同じように「添付ファイル」の形式となっています。

一方、Android版にはなかった「PDF」というボタンがiOS版には用意されています。
これは、文字通りファイルの種類を「PDFファイル」に限定してページ内に挿入するためのボタンとなります。

ファイルを選択する画面になると、「PDFファイル」以外は選択できないようになっています。

PDFファイルは、本来編集するためのファイルというより、無償のPDFリーダー(Adobe Acrobat Reader等)をインストールしておけば、ワープロソフトが入っていないパソコンなどでも文書などを確認できる、という閲覧向けのファイル形式です。(最近のAcrobat Readerは多少の編集機能も含んでいるようですが・・)

つまり、OneNoteで情報を整理しているユーザーがPDFファイルを挿入した意味は、
閲覧が主目的であるという予測の元、この方法で挿入されたファイルは、「印刷イメージ」として挿入されるようになるのです。

Windows版と同様に、印刷イメージで挿入されると添付ファイルも一緒に表示されます。

iOS版での添付ファイルの削除は、ファイルをタップして表示されるメニューで実行できます。

メニューの一覧から「削除」をタップすると、添付ファイルを削除できます。

総括

今回もOneNoteでのファイル挿入方法を見てきましたが、同じOneNoteでもOSが違うと動作も結構変わってきますね。

挿入したファイルを削除する方法を見ても、Android版はiOS版のように特にメニューが表示されるわけではありませんから、”キーボードから削除する”という方法に意外に気が付かないかもしれません。

「印刷イメージ」で挿入したい場合に「PDF」を選択すればいいiOS版は、「添付ファイル」のみしか挿入できないAndroid版の少し上をいっている感じがしますね。

なお、iOS版のOneNoteの優れている点は、やはりWindows版と同様に
「複数の個人アカウントのノートブックを切り替えられる」
ところでしょう。

一回一回サインアウトせずとも、違う個人アカウントのノートブックをクリックやタップ1つで素早く切り替えられるのは、ヘビーユーザーには重宝します。

Android版はデータの確認用やちょっとした文字の編集に使って、
データの大幅な編集や入力、ファイルの登録作業はWindows版かiOS版の利用をお薦めします。

関連記事

  1. 【OneNoteへGo】Office製品のOutlook連絡帳をOneNoteのセクションに挿入する…

  2. 【OneNoteへGo】EverNoteのデータをOneNoteへ移行するには

  3. 【OneNoteへGo】デジタル手帳を作成してスケジュールを管理してみよう①

  4. 【OneNoteへGo】ノートブックを共有する

  5. YouTubeのアドレスをiPad ProのOneNoteで共有する

  6. 【OneNoteへGo】EverNoteからの脱却を目指す!

  7. 【OneNoteへGO】既定のバージョンを設定する

  8. 【OneNoteへGo】OneNote2016のノートブックの保存場所はどこ?

  9. 【OneNoteへGo】パソコンでもAndroidでも音声データをメモするには

特集記事!

  1. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  2. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  3. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  4. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  5. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  6. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  7. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選
  8. 【OneNote for Windows10】StickyNotesが使用可能に…
  9. iPadで手書きのメモを取る!ApplePencilが使える無料のメモアプリ5選…
  10. 楽天銀行の法人ビジネス口座を持っているなら無料で使えるクラウドアプリを使ってみよ…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. 【OneNoteへGo】Office製品のOutlook連絡帳をOneNoteの…
  2. 【ちょっと休憩】検索したいわけじゃないけどつい弾きたくなる「弾いちゃお検索」とは…
  3. 【マイクロソフト To-Do】パソコンとスマホで”やること”をシンプルに管理する…
  4. 【Google ToDo リスト】Gmailからも起動OK!Googleの予定管…
  5. ワールドカップには嘘のような法則が存在する?!
  6. 【リメンバーザミルク】海外製アプリながら使いやすいインターフェースで人気のタスク…
  7. これは使ってみたい!3つのTo-doリストを比較してみた
  8. 絵心がないからデザインは苦手っ・・・そんなあなたは「Canva」があればもう大丈…
  9. 経県値―自分がどれだけの都道府県に足を踏み入れたのかが簡単に分かるスマホアプリ
  10. とうとう正式リリース!マイクロソフトの「Whiteboard」アプリの使い心地は…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP