情報整理術の数々! PICK UP!

【OneNoteへGo】OneNote2016のノートブックの保存場所はどこ?

「OneNote2016」で、まず作成するのは、「ノートブック」となります。
製品版のOneNoteは、保存場所として以下があります。

  • 利用しているデバイスでログインした全アカウントのOneDrive
  • ローカルストレージ

一方、無料版のOneNoteは、利用しているデバイスでログインした全アカウントのOneDriveにしか保存ができません。

ノートブックの保存場所

「OneNote2016」を起動します。
上で書いたようなすべての保存場所から、開いたことのある「ノートブック」を表示します。

しかし、ノートブックがまったくない状態だとこうなります。

リボンの「ファイル」タブから「開く」をクリックすると、やはり最近開いたノートブックは全くありませんね。
それでは、1冊ノートブックを作ってみます。

「ファイル」タブをクリックし、「新規」をクリックします。
「Office365 Business」のOneDrive上に新規ノートブックを作成することにするので、「OndDrive」をクリックし、右側ペインの「参照」をクリックします。

保存場所は、OneDriveとなっているので変更せずに、ファイル名を付けて「作成」ボタンをクリックします。

「B社開発資料」という名前のノートブックができ、情報を整理する準備ができました。

OneDriveフォルダを見てみる

「B社開発資料」は、OneDrive上に作成しました。
それでは、OneDriveフォルダを確認してみましょう。

「B社開発資料」というファイルが作成されているのが分かります。

さて、もしこの「B社開発資料」というノートブックが、”もういらない”となった時に、
どうやって削除すればいいのでしょうか。

ノートブックを削除する

結論から言うと、先程見たOneDriveフォルダのファイルは、
「保存したノートブックの実ファイルではありません」

したがって、そのファイルを削除しても
OneNoteの画面からノートブックは削除されないのです。

↓OneDriveフォルダ内のファイルを削除すると表示されるメッセージ。「Webから復元できる」がミソかも・・

そのために、ノートブックを削除する場合は、OneDriveのWeb画面へと接続するようにします。

「Office365」の管理画面からWebでOneDriveの画面へ接続します。
OneDriveの個人アカウントの場合はMSNのホームページからログインしてください

「OneNoteアイコン」の「B社開発資料」というファイルがあります。
これが、OneNoteのノートブックをOneDriveに保存した場合の実ファイルになります。
それでは、このファイルを削除してみましょう。

ファイルを選択したら、「削除」をクリックします。

OneNoteを開くと、「B社開発資料」の横に赤い×が表示されています。
これは、実ファイルが削除されたなどで見つからないために、
「データの同期がとれません」
というエラーメッセージになります。

「B社開発資料」を右クリックすると表示されるメニューから、
「このノートブックを閉じる」
をクリックしましょう。

「ファイル」タブから、「情報」や「開く」を選ぶと、まだ履歴として「B社開発資料」が残っていたりします。
これを開くと、次のようにエラーメッセージが表示されます。

「ファイル」タブをクリックして表示される画面には、もう削除してしまったノートブックのデータもこれまでの履歴として残っている場合もあります。

しかし、実ファイルを削除してしまったOneNoteのノートブックは開くことができません。

履歴はしばらく残る可能性もありますが、気になるようだったら「一覧から削除」をクリックして、履歴の一覧から消去するようにしてください。

関連記事

  1. 【OneNoteへGO】メールでメモをOneNoteに送りたい

  2. 【OneNoteへGo】Office製品のOutlook連絡帳をOneNoteのセクションに挿入する…

  3. 【OneNoteへGo】OneNoteバッジでサクッと簡単メモしよ

  4. 【OneNoteへGo】YouTubeの動画をノートに埋め込む

  5. YouTubeのアドレスをiPad ProのOneNoteで共有する

  6. 【OneNoteへGo】OneNoteで名刺管理専用のノートを作ろう!―その2

  7. 【OneNoteへGo】EverNoteからの脱却を目指す!

  8. 【OneNoteへGo】ノートブックとセクションとページ

  9. 【OneNoteへGo】ステータスバーの常駐OneNoteからノートに素早くアクセスするには

特集記事!

  1. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  2. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  3. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  4. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  5. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  6. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  7. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選
  8. 【OneNote for Windows10】StickyNotesが使用可能に…
  9. iPadで手書きのメモを取る!ApplePencilが使える無料のメモアプリ5選…
  10. 楽天銀行の法人ビジネス口座を持っているなら無料で使えるクラウドアプリを使ってみよ…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. 【OneNoteへGo】Office製品のOutlook連絡帳をOneNoteの…
  2. 【ちょっと休憩】検索したいわけじゃないけどつい弾きたくなる「弾いちゃお検索」とは…
  3. 【マイクロソフト To-Do】パソコンとスマホで”やること”をシンプルに管理する…
  4. 【Google ToDo リスト】Gmailからも起動OK!Googleの予定管…
  5. ワールドカップには嘘のような法則が存在する?!
  6. 【リメンバーザミルク】海外製アプリながら使いやすいインターフェースで人気のタスク…
  7. これは使ってみたい!3つのTo-doリストを比較してみた
  8. 絵心がないからデザインは苦手っ・・・そんなあなたは「Canva」があればもう大丈…
  9. 経県値―自分がどれだけの都道府県に足を踏み入れたのかが簡単に分かるスマホアプリ
  10. とうとう正式リリース!マイクロソフトの「Whiteboard」アプリの使い心地は…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP