情報整理術の数々! PICK UP!

【OneNoteへGo】OneNote2016のノートブックの保存場所はどこ?

「OneNote2016」で、まず作成するのは、「ノートブック」となります。
製品版のOneNoteは、保存場所として以下があります。

  • 利用しているデバイスでログインした全アカウントのOneDrive
  • ローカルストレージ

一方、無料版のOneNoteは、利用しているデバイスでログインした全アカウントのOneDriveにしか保存ができません。

ノートブックの保存場所

「OneNote2016」を起動します。
上で書いたようなすべての保存場所から、開いたことのある「ノートブック」を表示します。

しかし、ノートブックがまったくない状態だとこうなります。

リボンの「ファイル」タブから「開く」をクリックすると、やはり最近開いたノートブックは全くありませんね。
それでは、1冊ノートブックを作ってみます。

「ファイル」タブをクリックし、「新規」をクリックします。
「Office365 Business」のOneDrive上に新規ノートブックを作成することにするので、「OndDrive」をクリックし、右側ペインの「参照」をクリックします。

保存場所は、OneDriveとなっているので変更せずに、ファイル名を付けて「作成」ボタンをクリックします。

「B社開発資料」という名前のノートブックができ、情報を整理する準備ができました。

OneDriveフォルダを見てみる

「B社開発資料」は、OneDrive上に作成しました。
それでは、OneDriveフォルダを確認してみましょう。

「B社開発資料」というファイルが作成されているのが分かります。

さて、もしこの「B社開発資料」というノートブックが、”もういらない”となった時に、
どうやって削除すればいいのでしょうか。

ノートブックを削除する

結論から言うと、先程見たOneDriveフォルダのファイルは、
「保存したノートブックの実ファイルではありません」

したがって、そのファイルを削除しても
OneNoteの画面からノートブックは削除されないのです。

↓OneDriveフォルダ内のファイルを削除すると表示されるメッセージ。「Webから復元できる」がミソかも・・

そのために、ノートブックを削除する場合は、OneDriveのWeb画面へと接続するようにします。

「Office365」の管理画面からWebでOneDriveの画面へ接続します。
OneDriveの個人アカウントの場合はMSNのホームページからログインしてください

「OneNoteアイコン」の「B社開発資料」というファイルがあります。
これが、OneNoteのノートブックをOneDriveに保存した場合の実ファイルになります。
それでは、このファイルを削除してみましょう。

ファイルを選択したら、「削除」をクリックします。

OneNoteを開くと、「B社開発資料」の横に赤い×が表示されています。
これは、実ファイルが削除されたなどで見つからないために、
「データの同期がとれません」
というエラーメッセージになります。

「B社開発資料」を右クリックすると表示されるメニューから、
「このノートブックを閉じる」
をクリックしましょう。

「ファイル」タブから、「情報」や「開く」を選ぶと、まだ履歴として「B社開発資料」が残っていたりします。
これを開くと、次のようにエラーメッセージが表示されます。

「ファイル」タブをクリックして表示される画面には、もう削除してしまったノートブックのデータもこれまでの履歴として残っている場合もあります。

しかし、実ファイルを削除してしまったOneNoteのノートブックは開くことができません。

履歴はしばらく残る可能性もありますが、気になるようだったら「一覧から削除」をクリックして、履歴の一覧から消去するようにしてください。

関連記事

  1. 【OneNoteへGo】ページの内容をOutlookメールの本文として送るには

  2. OneNote for iPadでも「Sticky Notes」でメモを共有できる

  3. [Android/iPadOS編]OneNoteでファイルを挿入する方法とは

  4. 【OneNoteへGo】OneNoteで名刺管理専用のノートを作ろう!―その1

  5. 【OneNoteへGo】Office製品のOutlook連絡帳をOneNoteのセクションに挿入する…

  6. 【OneNoteへGo】OneNoteバッジでサクッと簡単メモしよ

  7. 【OneNoteへGo】デジタル手帳を作成してスケジュールを管理してみよう①

  8. 【OneNoteへGo】ノートシールを上手に使ってみよう

  9. 【OneNoteへGo】テンプレートでページの見栄えを変えてみる

特集記事!

  1. 取得したマイナンバーカード!「楽天ペイ」と連携させてみる
  2. WordPressデータの移行はこれでOK!コアサーバーへのデータ移行マニュアル…
  3. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(1位~3位…
  4. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(4位~10…
  5. 会社を退職したいけどできない!退職代行サービスの利用で失敗しない方法とは
  6. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選
  7. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  8. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  9. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  10. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  2. [slack]24.slackに設定したOneDrive上のMicrosoft3…
  3. [slack]25.メインのメールや予定表にOutlookを使っているならsla…
  4. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】進化し続けるエクセ…
  5. 【連載番外】Lucidchartでロジカルシンキングに使う図面を3つ選んでみた
  6. 【OneNote for Windows10】OneNoteにファイルを挿入する…
  7. [OneNote for Windows10]Android端末での利用に重宝す…
  8. iPadでブログ記事を執筆中!記事内に挿入する画像を編集するならどのアプリを使う…
  9. iPadの時短技3選!無駄な時間を省いて効率よく作業しよう
  10. [slack]28.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP