情報整理術の数々! PICK UP!

【OneNoteへGo】ノートブックとセクションとページ

「部屋とYシャツとホニャララ」
みたいなタイトルになってしまいましたが、OneNoteは
・ノートブック
・セクション
・ページ
というこの3つで構成されています。

EverNoteと比較する

まずは、OneNoteの画面を見てみましょう。
上の図は、「B社開発資料」というノートブックを開いたところを表示しています。
このノートブックには、以下の3つのセクションがあります。

  • 打合せ資料
  • 直近でやること
  • 現場偵察資料

セクションごとに内容をまとめていき、各セクションにそれぞれ内容の違うページを作成していくことになります。
「打合せ資料」セクションには、3つの「ページ」が作成されていて、
「4月1日」ページには、色々なメモが記されています。

このページ内で使われている機能だけでもざっと羅列すると以下のようになります。

  • テキストの入力
  • ノートシール
  • 各種ペンによる手書き
  • ファイル添付
  • リンク挿入
  • WebClipper

ノートにメモを取るツールは、多種多様です。
今後の「OneNoteへGo」でたくさん紹介していきます。

では、EverNoteを開いてみましょう。

「B社開発資料」というノートブックの中に、3つのノートがあり、「4月1日」ノートにメモが記載されています。
だいたいOneNoteと同じですが、この形だと「セクション」が見つからないですね。

それでは、EverNoteの形を少し変えてみましょう。

EverNoteには、「スタック」というものがあります。
これは、ごちゃごちゃになった「ノートブック」を一つのまとまりに整理してくれるものです。

これがOneNoteで言うところのいわゆる「ノートブック」の役割をしています。

同じように見ていくと、EverNoteのノートブックが、OneNoteの「セクション」にあたり、
同じくノートが、「ページ」にあたることが分かります。

EverNoteのタグはどこに??

EverNoteの「タグ」と同じ機能は、今のところOneNoteにはありません。
タグを使うことで、スタックやノートブックとは違うグループ分けができて、大変便利だったのですが、OneNoteでは検索を上手に使うしかないでしょう。

検索ウィンドウで、検索範囲に「すべてのノートブック」で目的の単語を検索すれば、とりあえず横断的にノートの情報を拾うことができます。

OneNoteの方が優れている点とは

逆に上の「4月1日」ノートで使った機能だけで、OneNoteの方がEverNoteより優れている点は以下のようになります。

  • 好きなところから記述できる
  • マーカーやペンなどの手書きも通常のテキストなどと一緒に記憶できる
  • ノートシールが豊富

OneNoteは、ページ内の自分の好きな位置にメモを記述することができます。
対して、EverNoteは、ノートの種類を「インクノート」にしなければ好きな位置に記述ができません。

そして、この「インクノート」でなければ、手書きによるデータを保存できません。
通常の「テキストノート」に手書き文字を同時に保存することができないのです。

また、視覚的にメモを見やすくするノートシールも種類が豊富です。
好きな位置に配置できるので、自由度が高く凝ったメモを作成できるのが特徴になります。

関連記事

  1. 【OneNoteへGo】EverNoteのデータをOneNoteへ移行するには

  2. [OneNoteへGo]作成者履歴やバージョンを操作する

  3. 【OneNoteへGo】ステータスバーの常駐OneNoteからノートに素早くアクセスするには

  4. 【OneNoteへGO】既定のバージョンを設定する

  5. 【OneNoteへGo】OneNote2016のノートブックの保存場所はどこ?

  6. 【OneNoteへGo】OneNoteバッジでサクッと簡単メモしよ

  7. 【OneNoteへGo】デジタル手帳を作成してスケジュールを管理してみよう①

  8. [Android/iPadOS編]OneNoteでファイルを挿入する方法とは

  9. 【OneNoteへGo】無料版と製品版の両方を起ち上げてみる

特集記事!

  1. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  2. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  3. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  4. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  5. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  6. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  7. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選
  8. 【OneNote for Windows10】StickyNotesが使用可能に…
  9. iPadで手書きのメモを取る!ApplePencilが使える無料のメモアプリ5選…
  10. 楽天銀行の法人ビジネス口座を持っているなら無料で使えるクラウドアプリを使ってみよ…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. 【OneNoteへGo】Office製品のOutlook連絡帳をOneNoteの…
  2. 【ちょっと休憩】検索したいわけじゃないけどつい弾きたくなる「弾いちゃお検索」とは…
  3. 【マイクロソフト To-Do】パソコンとスマホで”やること”をシンプルに管理する…
  4. 【Google ToDo リスト】Gmailからも起動OK!Googleの予定管…
  5. ワールドカップには嘘のような法則が存在する?!
  6. 【リメンバーザミルク】海外製アプリながら使いやすいインターフェースで人気のタスク…
  7. これは使ってみたい!3つのTo-doリストを比較してみた
  8. 絵心がないからデザインは苦手っ・・・そんなあなたは「Canva」があればもう大丈…
  9. 経県値―自分がどれだけの都道府県に足を踏み入れたのかが簡単に分かるスマホアプリ
  10. とうとう正式リリース!マイクロソフトの「Whiteboard」アプリの使い心地は…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP