情報整理術の数々! PICK UP!

【OneNoteへGO】メールでメモをOneNoteに送りたい

「メールの内容をメモとしてOneNoteに保存しておきたい」

デジタルノートアプリを使っていると、ごく自然に望む機能ではあります。
メールの本文をコピーしてOneNoteに・・
添付ファイルをコピーしてOneNoteに・・
では、面倒くさいですからね。

マイクロソフトですから、「Outlook」との連携を思いつきそうですが、
意外にも「GMail」など、自分が普段使っている他社のメールでもOneNoteと連携させることができます。

ただし、このメール連携機能は、「Office365 Business」では使うことができません。
というのも、このプランは「法人アカウントで使うメール」が提供されないため、メールアドレスという概念がないのです。

したがって、個人アカウントでメール連携機能を設定した後に、
ページを法人アカウントのノートブック内にコピーするやり方を見ていきたいと思います。
さらに、「EverNote」との違いにも焦点を当ててみたいと思います。

OneNoteに送信するメールアドレスの登録

最初に、OneNoteにメールを送信するためには、
「自分が送信するメールアドレスを登録」しなければなりません。

OneNoteのページ」の下の方に、「OneNoteへのメール送信」があるので、それをクリックします。

「OneNoteにメールを設定する」をクリックします。

マイクロソフトのアカウントは、「個人アカウント」でサインインします。

サインインが完了すると、このアカウントが現在管理しているメールアドレスの一覧が表示されます。
「別のアドレスの追加」をクリックします。

確認コードを送付する先に設定しているメールアドレスを入力する枠が表示されます。
メールアドレスを入力して、「コードの送信」をクリックします。

メールアドレスに届いたコードを確認し、入力枠に入力し「確認」をクリックします。

「エイリアスの追加」という画面になります。
「既に取得済みのメールアドレスをMicrosoftアカウントのエイリアスとして追加する」にチェックを入れ、「エイリアスの追加」をクリックします。

今、登録したメールアドレスが本人のものかを確認する必要があります。
メールアドレスの横並びに「確認」があると思いますので、これをクリックします。

登録したメールアドレスに
「Microsoft アカウント用のメールアドレスの確認」という件名のメールが届きます。
真ん中あたりの「エイリアスとしてこのメールアドレスが追加された場合は、このリンクを使って確認してください」というリンクをクリックします。

「確認」というリンクが消えていると思います。
「電子メール」の設定というOneNoteのページがまだ開いていると思います。
ここで、キーボードの「F5」を押して、画面を更新してください。

追加したメールアドレスが表示されると思います。
チェックマークを付けて、このメールからメモを送った場合のデフォルトのノートブックを選択します。

「保存」をクリックします。

メールでメモを送ってみる

早速、メールでメモをOneNoteに送ってみたいと思います。

Gmailで登録したので、Gmailの新規メール作成ウィンドウです。
宛先に「me@onenote.com」と入れて、件名と内容を記入し、送信します。

設定したデフォルトのノートブックのセクションの「ページ」にメールで送信したメモが保存されています。

次に、「@件名」と件名に@を付けると、件名がセクションになり、本文の1行目がタイトルとなるページが作成されます。

法人アカウントのノートブックへコピーする

前述のとおり、このメール連携機能は、「Office365 Business」では使うことができません。
したがって、個人アカウントのノートブックにメールでメモを送ったら、
それを法人アカウントのノートブックにコピーします。
これは簡単!普通のコピー&ペーストです。

「メールメモ」という件名でメールした内容は、「ページ」として挿入されています。
このページタイトルを右クリックして、コピーをクリックします。

現在のノートブック名をクリックして、法人アカウントが持っているノートブックを選択します。

注意

このパソコンで、法人アカウントでサインインしていないと、法人アカウントのノートブックが表示されない可能性があります。
その場合は、一度OneNoteを法人アカウントでログインし、何かしらノートブックを作成しておいてください。

ページ一覧の部分で右クリックして、貼り付けをクリックします。

法人アカウントが持っている、
「B社開発資料」ノートブックの「打合せ資料」セクションのページ一覧に加わりました。

EverNoteのメール連携は有料?!

さて、このメール連携機能は、もちろん「EverNote」にもあります。
しかし、EverNoteは「プレミアム以上の有料版のみの提供」となっています。

無料で契約しているアカウントでも、メールに送信するためのメールアドレスは割り振られるのですが、
無料版では使うことができないのです。

つまり、同期できるデバイス数に制限があることに加え、
このメール連携機能が無料では使えないことも、
OneNoteへの乗り換えの理由の一つになるかもしれませんね。

関連記事

  1. 【OneNoteへGo】Office製品のOutlook連絡帳をOneNoteのセクションに挿入する…

  2. 【OneNoteへGo】OneNoteで名刺管理専用のノートを作ろう!―その1

  3. 【OneNoteへGo】OneNoteで名刺管理専用のノートを作ろう!―その2

  4. YouTubeのアドレスをiPad ProのOneNoteで共有する

  5. 【OneNoteへGo】ノートブックとセクションとページ

  6. 【OneNoteへGo】無料版と製品版の両方を起ち上げてみる

  7. 【OneNoteへGo】パソコンでもAndroidでも音声データをメモするには

  8. 【OneNoteへGo】ページの内容をOutlookメールの本文として送るには

  9. 【OneNoteへGo】ステータスバーの常駐OneNoteからノートに素早くアクセスするには

特集記事!

  1. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  2. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  3. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  4. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  5. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  6. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  7. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選
  8. 【OneNote for Windows10】StickyNotesが使用可能に…
  9. iPadで手書きのメモを取る!ApplePencilが使える無料のメモアプリ5選…
  10. 楽天銀行の法人ビジネス口座を持っているなら無料で使えるクラウドアプリを使ってみよ…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. 【OneNoteへGo】Office製品のOutlook連絡帳をOneNoteの…
  2. 【ちょっと休憩】検索したいわけじゃないけどつい弾きたくなる「弾いちゃお検索」とは…
  3. 【マイクロソフト To-Do】パソコンとスマホで”やること”をシンプルに管理する…
  4. 【Google ToDo リスト】Gmailからも起動OK!Googleの予定管…
  5. ワールドカップには嘘のような法則が存在する?!
  6. 【リメンバーザミルク】海外製アプリながら使いやすいインターフェースで人気のタスク…
  7. これは使ってみたい!3つのTo-doリストを比較してみた
  8. 絵心がないからデザインは苦手っ・・・そんなあなたは「Canva」があればもう大丈…
  9. 経県値―自分がどれだけの都道府県に足を踏み入れたのかが簡単に分かるスマホアプリ
  10. とうとう正式リリース!マイクロソフトの「Whiteboard」アプリの使い心地は…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP