情報整理術の数々! PICK UP!

[OneNoteへGo]作成者履歴やバージョンを操作する

作成者名を非表示にする

ExcelやWordファイルには、ファイルのプロパティ情報に「作成者名」などの個人情報が書かれることもあり、それを削除する方法がありました。

ExcelやWordファイルに保存される個人情報を削除するには

OneNoteは、原則OneDrive上に保存し情報をいつでも共有できることを目的にしているため、ExcelやWordなどのようにあえて、個人情報を削除する場面はありません。

逆に、複数のメンバーで共有している場合、
「このメモは誰が残したのか?」
ということを明確にするため、配置したノート内のコンテナの横に「作成者名」が表示されることもあります。

この作成者名は非表示にすることができます。

リボンの「履歴」タブから「作成者の非表示」をクリックします。
コンテナの横の作成者名が表示されなくなりました。

バージョン履歴で検索

前述のとおり、OneNoteはノートを共有して使うことを目的としているため、
「誰がどういった修正を行ったか」という修正記録を「バージョン」から追うことができます。

「履歴」タブから「ページのバージョン」をクリックします。

現在選択しているページの下に、これまで修正した履歴一覧が表示されます。
修正日と修正した人の名前が表示されています。
試しに、一番上の牧村さんが修正したバージョンをクリックしてみます。

おそらく牧村さんが挿入したと思われる「女性が写った写真」が消えています。
つまり、最新バージョンから1つ前のバージョンは、女性の写真がない形になるのです。

古いバージョンのページは自動的に削除されます。
もし、古いバージョンに戻したい場合は、ノート上に表示されているメッセージをクリックして、
「バージョンの復元」
をクリックします。

ノートブックのごみ箱を確認する

同じく「履歴」タブには、
「各ノートブックが持っているごみ箱」の中身を確認することができます。

現在のノートブックのごみ箱には、ノートやセクションがいくつか入っていて、
その一覧が右側に表示されています。

いったん削除したノートやセクションは、60日間ノートブックの中のごみ箱に残りますが、60日を過ぎると自動的に削除されます。
手動で完全に削除することもできますし、
「移動またはコピー」を選択すれば、同じノートブック内、もしくは任意のノートブックへと移動させることができます。

「削除されたページ」というセクション名を右クリックすると「ごみ箱を空にする」と言う項目があります。
一括で完全に削除する場合は、この項目を利用してください。
Windosのごみ箱と同じような操作なので、直感的に分かりやすいですね。

関連記事

  1. 【OneNoteへGo】OneNoteで名刺管理専用のノートを作ろう!―その2

  2. 【OneNoteへGo】パソコンでもAndroidでも音声データをメモするには

  3. 【OneNoteへGo】Windowsパソコンで作成したメモの出力その①

  4. OneNote for iPadやOneNote for Androidで作成したページ内容を印刷す…

  5. 【OneNoteへGo】EverNoteのデータをOneNoteへ移行するには

  6. OneNote for iPadでも「Sticky Notes」でメモを共有できる

  7. 【OneNoteへGo】ノートブックを共有する

  8. 【OneNoteへGO】メールでメモをOneNoteに送りたい

  9. 【OneNoteへGo】OneNote2016のノートブックの保存場所はどこ?

特集記事!

  1. 取得したマイナンバーカード!「楽天ペイ」と連携させてみる
  2. WordPressデータの移行はこれでOK!コアサーバーへのデータ移行マニュアル…
  3. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(1位~3位…
  4. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(4位~10…
  5. 会社を退職したいけどできない!退職代行サービスの利用で失敗しない方法とは
  6. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選
  7. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  8. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  9. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  10. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  2. [slack]24.slackに設定したOneDrive上のMicrosoft3…
  3. [slack]25.メインのメールや予定表にOutlookを使っているならsla…
  4. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】進化し続けるエクセ…
  5. 【連載番外】Lucidchartでロジカルシンキングに使う図面を3つ選んでみた
  6. 【OneNote for Windows10】OneNoteにファイルを挿入する…
  7. [OneNote for Windows10]Android端末での利用に重宝す…
  8. iPadでブログ記事を執筆中!記事内に挿入する画像を編集するならどのアプリを使う…
  9. iPadの時短技3選!無駄な時間を省いて効率よく作業しよう
  10. [slack]28.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP