情報整理術の数々! PICK UP!

【OneNoteへGo】テンプレートでページの見栄えを変えてみる

「OneNote」でページを作成していると、その内容によっては、
「定型入力的に作成できないだろうか」
と思うようになります。

Office製品は、無料でダウンロードできるテンプレートが多数用意されています。
OneNoteに関しても、元々組み込まれているテンプレートはたくさんあります。
それでも見つからない場合は、テンプレートを自分でカスタマイズして新たなテンプレートとして使いたい、ということもあるでしょう。

ここでは、OneNoteのテンプレートの数々を見ていきたいと思います。

パッケージをテンプレートに適用する

オフィス テンプレート」にアクセスしてOneNoteのテンプレートをダウンロードしてみましょう。

一覧から、「オリジナル英文集」をダウンロードします。

テンプレートをダウンロードすると、拡張子が「.onepkg」というファイルがダウンロードされます。

「ノートブックの展開」というウィンドウが表示されます。
「名前」と「保存するパス」を選択します。

「英文集オリジナル」ノートブックとして、OneNoteが起動します。
先程指定した「保存するパス」にノートブックのデータが格納されました。
「挿入」タブの「ページテンプレート」をクリックして、OneNoteウィンドウの右側に「テンプレート」領域を表示します。

このノートブックを「テンプレートとして保存」し、今後はテンプレートからいつでも呼び出せるようにします。
下の方に、「現在のページをテンプレートとして保存」があるので、それをクリックします。
「テンプレートの名前」を入力して、「保存」をクリックします。
ここでは、「myEnglish」と名前を付けてみました。

テンプレートの中に、「マイテンプレート」と言うカテゴリが作成され、「myEnglish」というテンプレートが表示されるようになりました。

先程、パッケージファイルから「保存するパス」に「英文集オリジナル」ノートブックを展開しました。
これは、「myEnglish」というテンプレートとして新たに登録したので、「英文集オリジナル」ノートブックは削除してしまっても構いません。

テンプレートを修正する

「myEnglish」テンプレートを修正してみます。

表の「お元気で」の文字色と背景色を変更してみました。
この形をテンプレートにしようと思うのですが、
既存のテンプレートの上書きはできませんので、まず新しくテンプレートを作成します。

「現在のページをテンプレートとして保存」をクリックします。

「テンプレート名」に「myEnglish2」と入力して保存します。

「マイテンプレート」に2つのテンプレートができました。
最初に作った「myEnglish」テンプレートはいらないので、右クリックして一覧から削除をクリックします。

結果として、「マイテンプレート」は「MyEnglish2」だけとなります。

関連記事

  1. 【OneNoteへGo】EverNoteからの脱却を目指す!

  2. OneNote for iPadやOneNote for Androidで作成したページ内容を印刷す…

  3. 【OneNoteへGo】YouTubeの動画をノートに埋め込む

  4. 【OneNoteへGo】デジタル手帳を作成してスケジュールを管理してみよう①

  5. 【OneNoteへGO】Webページの情報を簡単に保存するには

  6. 【OneNoteへGo】EverNoteのデータをOneNoteへ移行するには

  7. YouTubeのアドレスをiPad ProのOneNoteで共有する

  8. OneNote for iPadでも「Sticky Notes」でメモを共有できる

  9. 【OneNoteへGo】Office製品のOutlook連絡帳をOneNoteのセクションに挿入する…

特集記事!

  1. 会社を退職したいけどできない!退職代行サービスの利用で失敗しない方法とは
  2. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選
  3. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  4. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  5. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  6. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  7. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  8. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  9. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  10. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編③
  2. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編④
  3. コスパと性能の両面で購入したい!Bluetoothスピーカー【EWA107】の実…
  4. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  5. 契約書の作成から管理までをクラウドで完結できる!【Holmes】で契約のすべてを…
  6. 自社のサイトにオリジナリティ溢れる入力フォームを作るには?!作成も管理も手軽な【…
  7. クラウドベースでVisioと同じように様々な図面を作成できるLucidchart…
  8. Bluetooth接続を利用してWindowsパソコンとAndroidスマホでデ…
  9. エクセルに標準搭載された3Dマップを活用する![その3]―ツアー動画をYouTu…
  10. エクセルに標準搭載された3Dマップを活用する![その4]―フィールドリストが重複…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP