情報整理術の数々! PICK UP!

  • Outlook
  • 最終更新日: 2018.05.9

Outlook2016を使ってみる!GmailアカウントをWindowsパソコンのOutlook2016で使うには?

GmailのアカウントをOutlookに追加して、普段会社メールで使用しているアドレスと同じ画面で、Gmailの送受信を行うことが可能です。
IMAPプロトコルでのやり取りになるので、例えば自宅ではAndroidスマホのGmailアプリで同じメールを確認することができるようになります。

それほど利用機会の多い設定ではないかもしれません。
メールクライアントソフトで、Webメールも一元管理したい場合に必要となると思います。

【環境】
Windows10 HOME 64bit
Outlook2016

Gmailの設定を確認する

最初に、Gmail側で「IMAP」が使えるかどうかを確認してみます。

ブラウザでGmailを開き、「icon-cog」から「設定」をクリックします。

「メール転送とPOP/IMAP」をクリックし、「IMAPアクセス」の「ステータス」が有効になっていることを確認します。

OutlookにGmailアカウントを登録する

「Outlook」を起動し、「ファイル」タブの情報から「アカウントの追加」をクリックします。

コンボボックス内に、Gmailアカウントを入力します。
「詳細オプション」を展開して、「自分で自分のアカウントを手動で設定」にチェックを入れ、「接続」をクリックします。

「アカウントの種類」から「Google」を選択します。

上の図のように、入力し「次へ」をクリックします。
Googleアカウントのパスワードを入力すれば、OutlookでGmailを使うことができるようになります。

ブロックされたログイン?!

■OutlookにGmailアカウントが作成できない

パスワードを入力した後に、エラーが表示された場合、
”怪しい奴があんたのアカウントを使って、不正にログインしようとしているよ”
とGoogleのセキュリティが教えてくれているので、パソコンのブラウザやスマホのGmailアプリでメールを確認してみましょう。

このようなメールが来ていたら、「安全性の低いアプリへのアクセスを許可」と書かれたリンクをクリックまたはタップします。

これで、パスワード入力後にエラーが表示されることはなくなります。

■このまま使い続けても問題ないのか

「安全性の低いアプリの許可」設定を変更した後でも、問題なくメールを使うことができます。

Googleセキュリティの2段階認証を使う

おおよそ、Google以外のメールクライアントソフト(Outlook、Thunderbirdなど)でGmailアカウントを登録すると上記のようなセキュリティに関するエラーが表示されます。
その場合は、Googleの「2段階認証」を設定しておきます。

Googleのトップページから「アカウント」をクリックします。

表示されたページの「ログインとセキュリティ」をクリックします。

「パスワードとログイン方法」の「2段階認証プロセス」をオンにします。
手順通りに進めていくと、自分が使うスマホなどの携帯電話で2段階認証がオンになります。

アプリのパスワードを生成する

2段階認証を有効にした後、Outlookを起動すると、パスワードを要求するウィンドウが表示されます。
このウィンドウは、一旦「キャンセル」をクリックして閉じましょう。
現状では、OutlookでGmailアカウントと同期が取れなくなっています。
2段階認証後のOutlookでGmailが同期されるようにパスワードを新たに発行します

再度、「パスワードとログイン方法」の画面から、「アプリパスワード」をクリックします。
パスワードを入力して次へをクリックします。

2段階認証のため、スマホに上のようなメッセージが表示されます。
「はい」をタップします。

「アプリパスワード」の画面で、「メール」「Windowsパソコン」を選択して「生成」をクリックします。
生成された「アプリパスワード」が画面上に表示されますので、これをコピーしておきます。

Outlookを起動すると、パスワードを要求されます。
先程、コピーしたパスワードをパスワード欄に入力し直して「OK」をクリックします。

以降は、いつも通りにOutlookを起動し、Gmailなどのメールのやり取りを行えるようになります。

関連記事

  1. Outlook2016を使ってみる!連絡先を編集・共有する【その1】

  2. Outlook2016を使ってみる!Androidスマホでメールアカウントを設定する

  3. Outlook2016を使ってみる!メールアカウントを新規作成する

  4. Outlook2016を使ってみる!連絡先を編集・共有する【その2】

  5. Outlook2016を使ってみる!メールと予定表をアカウントで使い分ける【その2】

  6. 【OneNoteへGo】ページの内容をOutlookメールの本文として送るには

  7. 【OneNote for Windows10】Outlookの会議をOneNoteでも確認するには?…

  8. [slack]25.メインのメールや予定表にOutlookを使っているならslackのアプリで連携さ…

  9. Outlook2016を使ってみる!メールと予定表をアカウントで使い分ける【その1】

特集記事!

  1. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  2. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  3. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  4. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  5. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  6. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  7. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  8. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  9. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  10. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. AndroidスマホでGoogleのキーボード「Gboard」をビジネスでも上手…
  2. [OneDrive]共同作業でOfficeファイルを編集してみる!
  3. 【slack】5.チャンネルの削除とアーカイブ
  4. GoogleクラウドプリントでAndroidスマホから直接プリンタへ印刷する方法…
  5. [slack]18.クラウドストレージのファイルをslackで共有できるようにす…
  6. [slack]19.ファイルを削除する
  7. 【Excel2016】インクで作成した手書きメモをワークシートで自由自在に操る
  8. 乱立するQR決済!既存サービスの比較やこれから参入してくる注目の企業など一覧を見…
  9. [slack]20.ポストを作成する
  10. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編①

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP