情報整理術の数々! PICK UP!

  • Outlook
  • 最終更新日: 2018.05.9

Outlook2016を使ってみる!GmailアカウントをWindowsパソコンのOutlook2016で使うには?

GmailのアカウントをOutlookに追加して、普段会社メールで使用しているアドレスと同じ画面で、Gmailの送受信を行うことが可能です。
IMAPプロトコルでのやり取りになるので、例えば自宅ではAndroidスマホのGmailアプリで同じメールを確認することができるようになります。

それほど利用機会の多い設定ではないかもしれません。
メールクライアントソフトで、Webメールも一元管理したい場合に必要となると思います。

【環境】
Windows10 HOME 64bit
Outlook2016

Gmailの設定を確認する

最初に、Gmail側で「IMAP」が使えるかどうかを確認してみます。

ブラウザでGmailを開き、「icon-cog」から「設定」をクリックします。

「メール転送とPOP/IMAP」をクリックし、「IMAPアクセス」の「ステータス」が有効になっていることを確認します。

OutlookにGmailアカウントを登録する

「Outlook」を起動し、「ファイル」タブの情報から「アカウントの追加」をクリックします。

コンボボックス内に、Gmailアカウントを入力します。
「詳細オプション」を展開して、「自分で自分のアカウントを手動で設定」にチェックを入れ、「接続」をクリックします。

「アカウントの種類」から「Google」を選択します。

上の図のように、入力し「次へ」をクリックします。
Googleアカウントのパスワードを入力すれば、OutlookでGmailを使うことができるようになります。

ブロックされたログイン?!

■OutlookにGmailアカウントが作成できない

パスワードを入力した後に、エラーが表示された場合、
”怪しい奴があんたのアカウントを使って、不正にログインしようとしているよ”
とGoogleのセキュリティが教えてくれているので、パソコンのブラウザやスマホのGmailアプリでメールを確認してみましょう。

このようなメールが来ていたら、「安全性の低いアプリへのアクセスを許可」と書かれたリンクをクリックまたはタップします。

これで、パスワード入力後にエラーが表示されることはなくなります。

■このまま使い続けても問題ないのか

「安全性の低いアプリの許可」設定を変更した後でも、問題なくメールを使うことができます。

Googleセキュリティの2段階認証を使う

おおよそ、Google以外のメールクライアントソフト(Outlook、Thunderbirdなど)でGmailアカウントを登録すると上記のようなセキュリティに関するエラーが表示されます。
その場合は、Googleの「2段階認証」を設定しておきます。

Googleのトップページから「アカウント」をクリックします。

表示されたページの「ログインとセキュリティ」をクリックします。

「パスワードとログイン方法」の「2段階認証プロセス」をオンにします。
手順通りに進めていくと、自分が使うスマホなどの携帯電話で2段階認証がオンになります。

アプリのパスワードを生成する

2段階認証を有効にした後、Outlookを起動すると、パスワードを要求するウィンドウが表示されます。
このウィンドウは、一旦「キャンセル」をクリックして閉じましょう。
現状では、OutlookでGmailアカウントと同期が取れなくなっています。
2段階認証後のOutlookでGmailが同期されるようにパスワードを新たに発行します

再度、「パスワードとログイン方法」の画面から、「アプリパスワード」をクリックします。
パスワードを入力して次へをクリックします。

2段階認証のため、スマホに上のようなメッセージが表示されます。
「はい」をタップします。

「アプリパスワード」の画面で、「メール」「Windowsパソコン」を選択して「生成」をクリックします。
生成された「アプリパスワード」が画面上に表示されますので、これをコピーしておきます。

Outlookを起動すると、パスワードを要求されます。
先程、コピーしたパスワードをパスワード欄に入力し直して「OK」をクリックします。

以降は、いつも通りにOutlookを起動し、Gmailなどのメールのやり取りを行えるようになります。

関連記事

  1. 【OneNoteへGo】ページの内容をOutlookメールの本文として送るには

  2. Outlook2016を使ってみる!メールと予定表をアカウントで使い分ける【その1】

  3. Outlook2016を使ってみる!連絡先を編集・共有する【その1】

  4. Outlook2016を使ってみる!連絡先を編集・共有する【その2】

  5. Outlook2016を使ってみる!メールと予定表をアカウントで使い分ける【その2】

  6. Outlook2016を使ってみる!Androidスマホでメールアカウントを設定する

  7. Outlook2016を使ってみる!メールアカウントを新規作成する

特集記事!

  1. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  2. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  3. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選
  4. 【OneNote for Windows10】StickyNotesが使用可能に…
  5. iPadで手書きのメモを取る!ApplePencilが使える無料のメモアプリ5選…
  6. 楽天銀行の法人ビジネス口座を持っているなら無料で使えるクラウドアプリを使ってみよ…
  7. 外出先からの転送もOK!使い勝手のいいファイル転送アプリを3つ選んでみた
  8. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編[番外]
  9. QR決済に新たな刺客!ソフトバンクとヤフーが開始したPayPay(ペイペイ)を設…
  10. MVNOへ移行する前に確認しておきたい6つの注意ポイントとは

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. ExcelやWordファイルに保存される個人情報を削除するには
  2. ドコモ会員必見!!買い物や登録で賢くキャッシュを貯めるには?!
  3. スマホで画像をスキャンーOffice Lensは画像の文字も読み取る優れもの①
  4. スマホで画像をスキャンーOffice Lensは画像の文字も読み取る優れもの②
  5. 【OneNoteへGo】YouTubeの動画をノートに埋め込む
  6. 【OneNoteへGo】Office製品のOutlook連絡帳をOneNoteの…
  7. 【ちょっと休憩】検索したいわけじゃないけどつい弾きたくなる「弾いちゃお検索」とは…
  8. 【マイクロソフト To-Do】パソコンとスマホで”やること”をシンプルに管理する…
  9. 【Google ToDo リスト】Gmailからも起動OK!Googleの予定管…
  10. ワールドカップには嘘のような法則が存在する?!

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP