情報整理術の数々! PICK UP!

  • slack
  • 最終更新日: 2018.08.28

【slack】1.無料でも十分使えるコミュニケーションツールをまずは始めてみよう!

今やメールに代わるコミュニケーションツールの急先鋒として、多くの企業にも導入され始めている
「slack」というツールについて、当サイトでも色々と検証していきたいと思います。

簡単にWeb上でコミュニケーションを取ることができるようになる一方で、
「ワークスペース」や「スレッド」、「各チャンネル」や「ユーザーの権限」など、機能も多く使いこなすまでに覚えることが多いツールでもあります。

slack特集の第一歩として、まず各料金プランや最初のワークスペース作成などを実際に試していきたいと思います。

無料プランと有料プラン

他にも多く存在するWebツールと同様に、「slack」も「無料プラン」と「有料プラン」とで利用できる機能に差をつけています。
しかし、無料だからと言ってけっして使いづらいわけではなく、むしろ5名から10名前後のメンバーたちで利用するのであれば、無料でも十分に機能するツールとなっています。

大きく、「Slack for Teams」と「Slack Enterprise Grid」の2つに分けることができますが、支店がいくつもあるような大企業や官公庁でなければ、「Slack for Teams」の3つのプランから選択することになるでしょう。
その内の1つ「無料プラン」で「ワークスペース」を作ってみたいと思います。

無料プランでワークスペースの作成

slackのトップページ」にアクセスして、「slackを始める」をクリックして、「ワークスペースを作成する」をクリックします。

管理者となるあなたの「メールアドレス」を入力します。

あなたの「氏名」と「表示名」を入力します。
「表示名」を入力すると、今後のワークスペース内で常に「表示名」でやり取りすることになります。

slackの使用目的を選択します。
どれか1つ選択しておきます。

使用目的以外に、色々と聞かれますね。
とりあえずどれか1つずつ答えておきましょう。

最後に、「会社名(団体名)」を入力します。
ここで、名前が特に決まらないようでしたら、仮でつけておきましょう。
ワークスペース作成後でも、この名前は変更することができます。

ワークスペースのURLを決めます。

作成した「ワークスペース」に招待する人のメールアドレスを入力して、送信します。
この操作も改めて招待することができますので、ここでは「後で」を選択しても構いません。

ワークスペースのトップページが表示されました。
左側がメニュー、右側にメッセージのやり取りを行うスペースがあります。

上の画面は、「slackbot」というslackのアシスタントとのDM(ダイレクトメッセージ)をやり取りしている画面になります。
何か分からないことがあれば、slackbotにメッセージを出してみましょう。
求めている答えが返ってくるかどうかは分かりませんが(笑)、こちらが投げかけた質問に対してしっかりと答えてくれますよ。

最初の設定は終わり

さて、無料プランで最初のワークスペースを作ってみましたが、本当にあっさりと終わってしまい簡単に作成できたと思います。
ワークスペース名とワークスペースURLを決めて、参加してほしい人を招待すれば完成となりますから。

次回以降は、実際にコミュニケーションツールの使い方についてじっくりと探っていきたいと思います。

関連記事

  1. [slack]6.プライベートチャンネルとパブリックチャンネルを使い分ける

  2. [slack]7.チャンネルから退出する

  3. 【slack】5.チャンネルの削除とアーカイブ

  4. [slack]8.権限を変更してパブリックチャンネルをプライベートチャンネルに変換する

  5. [slack]10.メッセージに書式設定をする

  6. [slack]19.ファイルを削除する

  7. [slack]15.メッセージにスターをつける

  8. 【slack】3.メッセージの投稿では「スレッド」を上手に使おう!

  9. [slack]12.未読メッセージを一気に確認するには

特集記事!

  1. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  2. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  3. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選
  4. 【OneNote for Windows10】StickyNotesが使用可能に…
  5. iPadで手書きのメモを取る!ApplePencilが使える無料のメモアプリ5選…
  6. 楽天銀行の法人ビジネス口座を持っているなら無料で使えるクラウドアプリを使ってみよ…
  7. 外出先からの転送もOK!使い勝手のいいファイル転送アプリを3つ選んでみた
  8. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編[番外]
  9. QR決済に新たな刺客!ソフトバンクとヤフーが開始したPayPay(ペイペイ)を設…
  10. MVNOへ移行する前に確認しておきたい6つの注意ポイントとは

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. ExcelやWordファイルに保存される個人情報を削除するには
  2. ドコモ会員必見!!買い物や登録で賢くキャッシュを貯めるには?!
  3. スマホで画像をスキャンーOffice Lensは画像の文字も読み取る優れもの①
  4. スマホで画像をスキャンーOffice Lensは画像の文字も読み取る優れもの②
  5. 【OneNoteへGo】YouTubeの動画をノートに埋め込む
  6. 【OneNoteへGo】Office製品のOutlook連絡帳をOneNoteの…
  7. 【ちょっと休憩】検索したいわけじゃないけどつい弾きたくなる「弾いちゃお検索」とは…
  8. 【マイクロソフト To-Do】パソコンとスマホで”やること”をシンプルに管理する…
  9. 【Google ToDo リスト】Gmailからも起動OK!Googleの予定管…
  10. ワールドカップには嘘のような法則が存在する?!

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP