情報整理術の数々! PICK UP!

  • slack
  • 最終更新日: 2018.08.28

【slack】1.無料でも十分使えるコミュニケーションツールをまずは始めてみよう!

今やメールに代わるコミュニケーションツールの急先鋒として、多くの企業にも導入され始めている
「slack」というツールについて、当サイトでも色々と検証していきたいと思います。

簡単にWeb上でコミュニケーションを取ることができるようになる一方で、
「ワークスペース」や「スレッド」、「各チャンネル」や「ユーザーの権限」など、機能も多く使いこなすまでに覚えることが多いツールでもあります。

slack特集の第一歩として、まず各料金プランや最初のワークスペース作成などを実際に試していきたいと思います。

無料プランと有料プラン

他にも多く存在するWebツールと同様に、「slack」も「無料プラン」と「有料プラン」とで利用できる機能に差をつけています。
しかし、無料だからと言ってけっして使いづらいわけではなく、むしろ5名から10名前後のメンバーたちで利用するのであれば、無料でも十分に機能するツールとなっています。

大きく、「Slack for Teams」と「Slack Enterprise Grid」の2つに分けることができますが、支店がいくつもあるような大企業や官公庁でなければ、「Slack for Teams」の3つのプランから選択することになるでしょう。
その内の1つ「無料プラン」で「ワークスペース」を作ってみたいと思います。

無料プランでワークスペースの作成

slackのトップページ」にアクセスして、「slackを始める」をクリックして、「ワークスペースを作成する」をクリックします。

管理者となるあなたの「メールアドレス」を入力します。

あなたの「氏名」と「表示名」を入力します。
「表示名」を入力すると、今後のワークスペース内で常に「表示名」でやり取りすることになります。

slackの使用目的を選択します。
どれか1つ選択しておきます。

使用目的以外に、色々と聞かれますね。
とりあえずどれか1つずつ答えておきましょう。

最後に、「会社名(団体名)」を入力します。
ここで、名前が特に決まらないようでしたら、仮でつけておきましょう。
ワークスペース作成後でも、この名前は変更することができます。

ワークスペースのURLを決めます。

作成した「ワークスペース」に招待する人のメールアドレスを入力して、送信します。
この操作も改めて招待することができますので、ここでは「後で」を選択しても構いません。

ワークスペースのトップページが表示されました。
左側がメニュー、右側にメッセージのやり取りを行うスペースがあります。

上の画面は、「slackbot」というslackのアシスタントとのDM(ダイレクトメッセージ)をやり取りしている画面になります。
何か分からないことがあれば、slackbotにメッセージを出してみましょう。
求めている答えが返ってくるかどうかは分かりませんが(笑)、こちらが投げかけた質問に対してしっかりと答えてくれますよ。

最初の設定は終わり

さて、無料プランで最初のワークスペースを作ってみましたが、本当にあっさりと終わってしまい簡単に作成できたと思います。
ワークスペース名とワークスペースURLを決めて、参加してほしい人を招待すれば完成となりますから。

次回以降は、実際にコミュニケーションツールの使い方についてじっくりと探っていきたいと思います。

関連記事

  1. [slack]14.自分のダイレクトメッセージがToDoリストとして使える

  2. [slack]20.ポストを作成する

  3. [slack]8.権限を変更してパブリックチャンネルをプライベートチャンネルに変換する

  4. [slack]21.スニペットを作成する

  5. 【slack】3.メッセージの投稿では「スレッド」を上手に使おう!

  6. [slack]13.メッセージの共有と引用を使い分ける

  7. [slack]7.チャンネルから退出する

  8. [slack]11.ダイレクトメッセージを使ってメンバー同士でやり取りをする

  9. [slack]29.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う方法(後編)

特集記事!

  1. 会社を退職したいけどできない!退職代行サービスの利用で失敗しない方法とは
  2. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選
  3. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  4. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  5. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  6. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  7. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  8. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  9. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  10. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編③
  2. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編④
  3. コスパと性能の両面で購入したい!Bluetoothスピーカー【EWA107】の実…
  4. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  5. 契約書の作成から管理までをクラウドで完結できる!【Holmes】で契約のすべてを…
  6. 自社のサイトにオリジナリティ溢れる入力フォームを作るには?!作成も管理も手軽な【…
  7. クラウドベースでVisioと同じように様々な図面を作成できるLucidchart…
  8. Bluetooth接続を利用してWindowsパソコンとAndroidスマホでデ…
  9. エクセルに標準搭載された3Dマップを活用する![その3]―ツアー動画をYouTu…
  10. エクセルに標準搭載された3Dマップを活用する![その4]―フィールドリストが重複…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP