情報整理術の数々! PICK UP!

  • slack
  • 最終更新日: 2018.08.28

【slack】4.チャンネルを新規作成してトピックや目的を設定してみる

「slack」で、新しくチャンネルを作成する場合に、
「トピック」や「目的」
をうまく使う事で、そのチャンネルが
「作成された意味」や「チャンネルの詳細」などを記しておくことができます。

Windowsパソコンで、まずは新しいチャンネルを作成してみましょう。
※画面は、Windows10となります

チャンネルのトピックを設定する

ログイン後のワークスペースが開いている画面で、「チャンネル」の並びの「+」をクリックします。
(マウスを合わせると、「チャンネルを作成する」とヘルプが表示されるところです)

入力は任意となります。
また、このチャンネルに招待するメンバーも現段階では決めていなくても結構です。
とりあえず、目的に「北海道支店だけのコミュニティーです」と入力してみました。

左サイドのチャンネル一覧に、「#北海道支店」という新しいチャンネルが作成されました。
この「#北海道支店」をクリックしてチャンネルを開いてみましょう。

画面の上部に、「トピックを追加」と書かれている部分があります。
ここに、このチャンネルのトピックを指定することができます。

「トピックを追加」をクリックすると、トピックの入力枠が表示されます。
このチャンネルを作成した意図や一発で知らせたいスケジュールなどを記載しておけば、常にチャンネルのヘッダーに表示されることになり、参加メンバー全員に通知する意味合いで利用することができます。

ここでは、「北海道支店集まれ~」と入力してみます。
ちなみに、最後の絵文字は、枠内の「ニコニコマーク」をクリックして挿入することができます。

トピックが新しく設定され、メッセージの一覧にもトピックを設定したことが通知されました。

スラッシュコマンドでトピックを指定する方法!

トピックを指定する場合は、「/topic」というスラッシュコマンドを使っても設定することができます。

メッセージの入力画面で、「/topic トピックに設定する文字」を入力します。
「/topic」の後は、半角スペースを1つ入れます。

トピックが変更されました。
スラッシュコマンドを使うと、マウスの操作よりも設定などの操作が断然早くなります。

チャンネルの目的を設定する

チャンネルを新規作成したときに、「目的」を入力する場面がありましたが、これはいつでも変更することができます。
画面中央上部の「i(インフォメーションアイコン)」をクリックします。

チャンネルの詳細を設定する枠が画面右側に表示されます。
「目的」のところをクリックして、編集します。

編集が終わったら、「終了」ボタンをクリックします。

「目的」は、「トピック」と違って、チャンネル内の会話が増えていくと、画面上ですぐに確認することができなくなります
したがって、チャンネルの用途など不変的な要素を記入しておいて、詳細を開いた時にいつでも確認できるようにしておく使い方がいいかもしれません。

まとめ

厳密に、この2つに何を記載するかは決まっているわけではありませんので、利用者の使いたいように記載してください。
どちらもチャンネルに参加した人であれば、誰でも修正することが可能です。

関連記事

  1. [slack]16.メッセージをピン留めする

  2. [slack]20.ポストを作成する

  3. [slack]18.クラウドストレージのファイルをslackで共有できるようにする

  4. [slack]9.誰でも使いやすい?!それとも…..#generalの上手な使い方

  5. 【slack】1.無料でも十分使えるコミュニケーションツールをまずは始めてみよう!

  6. [slack]14.自分のダイレクトメッセージがToDoリストとして使える

  7. [slack]27.Outlookを使っていない会社がslackにメール管理を導入するならShare…

  8. [slack]7.チャンネルから退出する

  9. [slack]10.メッセージに書式設定をする

特集記事!

  1. 会社を退職したいけどできない!退職代行サービスの利用で失敗しない方法とは
  2. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選
  3. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  4. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  5. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  6. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  7. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  8. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  9. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  10. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編③
  2. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編④
  3. コスパと性能の両面で購入したい!Bluetoothスピーカー【EWA107】の実…
  4. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  5. 契約書の作成から管理までをクラウドで完結できる!【Holmes】で契約のすべてを…
  6. 自社のサイトにオリジナリティ溢れる入力フォームを作るには?!作成も管理も手軽な【…
  7. クラウドベースでVisioと同じように様々な図面を作成できるLucidchart…
  8. Bluetooth接続を利用してWindowsパソコンとAndroidスマホでデ…
  9. エクセルに標準搭載された3Dマップを活用する![その3]―ツアー動画をYouTu…
  10. エクセルに標準搭載された3Dマップを活用する![その4]―フィールドリストが重複…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP