情報整理術の数々! PICK UP!

  • slack
  • 最終更新日: 2018.08.28

[slack]8.権限を変更してパブリックチャンネルをプライベートチャンネルに変換する

「パブリックチャンネル」として作成したチャンネルは、条件が合えば
「プライベートチャンネル」へと変換することが可能です。

当初、誰でも参加できるように「パブリック」として作成したものの、
特定の人だけのやり取りとなりそうだ…ということであれば、「プライベート」に変換した方がいいかもしれません。

パブリックからプライベートへ

「プライベートチャンネル」に変更したいが、現在は「パブリック」であるチャンネルを開きます。

「#データ置き場」というパブリックチャンネルを開きます。
「歯車アイコン」をクリックして、「その他のオプション」をクリックします。

「追加オプション」の画面が表示されます。
「このチャンネルをプライベートチャンネルに変換する」をクリックします。

画面にも表示されるように、「パブリックチャンネル」時代に集まったメンバーの会話履歴や参加していたメンバーは、「プライベートチャンネル」になっても引き継がれます。
また、一度「プライベートチャンネル」に変更してしまうと、そのチャンネルを「パブリック」に戻すことはできません。

「OK」ボタンをクリックすると、チャンネル一覧の「データ置き場」のチャンネルアイコンが、「プライベート」を表す「カギマーク」に変わっていますね。

プライベートチャンネルに変更できる人は?!

「パブリックチャンネル」から「プライベートチャンネル」への変換は、権限によってできる人とできない人に分かれます。

先程、「#データ置き場」という「パブリックチャンネル」を「プライベートチャンネル」に変換したユーザーは、
「ワークスペースのプライマリーオーナー」である「ryo88」というユーザーです。
実は、チャンネル種別の変更は、ワークスペースの「オーナー」や「管理者」でないとできないのです。

ワークスペース内の「ユーザー管理」を見てみましょう。
画面左上の「ワークスペース名」をクリックして、「その他管理項目」から「メンバー管理」をクリックします。

ワークスペース内の「ユーザー一覧」が表示されます。
「アカウント種別」では、「宮嶋僚(ryo88)」が「プライマリーオーナー」となっていますね。

つまり、この「ryo88」は、チャンネル種別を変更することができる、ということになります。

他の2人の「アカウント種別」は「通常メンバー」となっています。
この2人のユーザーの内、「佐藤春美」は「データ置き場」チャンネルに参加していました。
しかし、「佐藤春美」は、「データ置き場」のチャンネル種別を変更することはできません。

関連記事

  1. [slack]9.誰でも使いやすい?!それとも…..#generalの上手な使い方

  2. [slack]16.メッセージをピン留めする

  3. 【slack】2.招待したい人に案内を出す

  4. [slack]21.スニペットを作成する

  5. [slack]15.メッセージにスターをつける

  6. 【slack】3.メッセージの投稿では「スレッド」を上手に使おう!

  7. [slack]25.メインのメールや予定表にOutlookを使っているならslackのアプリで連携さ…

  8. [slack]20.ポストを作成する

  9. [slack]6.プライベートチャンネルとパブリックチャンネルを使い分ける

特集記事!

  1. 会社を退職したいけどできない!退職代行サービスの利用で失敗しない方法とは
  2. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選
  3. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  4. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  5. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  6. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  7. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  8. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  9. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  10. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編③
  2. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編④
  3. コスパと性能の両面で購入したい!Bluetoothスピーカー【EWA107】の実…
  4. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  5. 契約書の作成から管理までをクラウドで完結できる!【Holmes】で契約のすべてを…
  6. 自社のサイトにオリジナリティ溢れる入力フォームを作るには?!作成も管理も手軽な【…
  7. クラウドベースでVisioと同じように様々な図面を作成できるLucidchart…
  8. Bluetooth接続を利用してWindowsパソコンとAndroidスマホでデ…
  9. エクセルに標準搭載された3Dマップを活用する![その3]―ツアー動画をYouTu…
  10. エクセルに標準搭載された3Dマップを活用する![その4]―フィールドリストが重複…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP