情報整理術の数々! PICK UP!

[slack]11.ダイレクトメッセージを使ってメンバー同士でやり取りをする

1対1のメッセージのやり取り

「ダイレクトメッセージ(DM)」を使えば、特定のメンバーとメッセージのやり取りを行うことができます。
他のユーザーには見られることがないし、検索でも自分が発言したダイレクトメッセージしかヒットしませんので、安心して使うことができます。

左サイドバーで、「ダイレクトメッセージ」の下に、メンバー名が一覧で表示されています。
上の画面は、「宮嶋僚」から「佐藤春美」を相手にダイレクトメッセージを送ってみたところです。

当然ですが、他のメンバーからは、この2人のやり取りを見ることはできません。
上は、「牧村美奈」の画面ですが、当然「宮嶋僚」と「佐藤春美」のやり取りを確認するすべはありませんね。

「宮嶋僚」の画面で、ワークスペース内を検索してみます。
「A社 打ち合わせ」という2つの語句で検索すると、
「宮嶋僚」と「佐藤春美」がダイレクトメッセージでやり取りした内容がヒットしました。

これは、「佐藤春美」の画面で同じように検索しても結果は同じとなります。

しかし、「A社 打ち合わせ」の言葉が入るメッセージをやり取りしていない「牧村美奈」の画面には、この言葉で検索しても「一致する検索結果はなし」と表示されます。

他のチャンネルなどを開いていて、新しいダイレクトメッセージを受信したときは、
名前の横にメッセージ数が表示され、名前も太字になるので分かりやすいですね。

複数人でのメッセージのやり取り

Slackのダイレクトメッセージは、複数人でメッセージをやり取りすることができます。
これを「グループダイレクトメッセージ」と言います。

「グループダイレクトメッセージ」は、自分を含めて最大9人までとメッセージをやり取りすることができるようになっています。

画面は、「宮嶋僚」の画面です。
左サイドバーの「ダイレクトメッセージ」というヘッダーをクリックします。

「グループダイレクトメッセージ」を行う場合は、ここからやり取りするメンバーを決めていきます。

ショートカットキーでダイレクトメッセージを開く

ワークスペース画面で、キーボードの「Ctrl+Shift+K」を押しても、ダイレクトメッセージを開くことができます。

メッセージを始めたいメンバーを複数人選択します。

「ダイレクトメッセージ」の一覧に、2人の名前が連なった「佐藤春美,mie」という項目が新たに作成されました。

「佐藤春美」、「牧村美奈」それぞれから確認してみると、同じようにダイレクトメッセージに
「他の2人の名前が表示された項目」
が作成されていることが分かります。

新しいメンバーを追加すると・・

既存の「グループダイレクトメッセージ」に新しいメンバーを追加すると、これまでの会話とは別に新しく「グループ」が作成されます。

これまで、「宮嶋僚」、「佐藤春美」、「牧村美奈」の3人でグループメッセージをやり取りしていましたが、新たに「にしの弘美」を追加してみました。

その場合、3人だけのグループトークとは別に、4人になったグループが新たに作成されるのです
上の画面は、「宮嶋僚」の画面で確認しているので、
「3人のグループ」と「4人のグループ」をどちらも参照できています。

しかし、既存の3人のグループに新しく加入した「にしの弘美」は、それまで3人だけでやり取りされた会話を閲覧することはできない、ということになるわけです。

では、これまでの3人の会話を参照することができるようにした上で、新たにメンバーを追加するにはどうしたらよいのでしょうか。
それには、次のように
「グループダイレクトメッセージをプライベートチャンネルに切り替える」
ことが必要となります。

プライベートチャンネルに変換する

3人が参加していた「グループダイレクトメッセージ」を開いた状態で、「歯車アイコン」をクリックして、「プライベートチャンネルに変換する」をクリックします。

「はい、続行します」をクリックします。

「チャンネル名」を入力して、「プライベートチャンネルに変換する」をクリックします。

新しく「3人の会話をチャンネルに変換」チャンネル(プライベートチャンネル)が作成されました(①)
会話の中身もしっかり引き継がれていますね。
さらに、「ダイレクトメッセージ」の中を確認してみると、変換された3人のグループ項目(佐藤春美,mie)が消えているのが分かります(②)
それでは、このプライベートチャンネルに、「にしの弘美」を追加してみましょう(③)

「3人の会話をチャンネルに変換」チャンネルに招待します。
「続行する」をクリックします。

「にしの弘美」を選択して「招待する」をクリックします。

上の画面は、「にしの弘美」がログインしたところです。

にしの弘美が参加して「ryo88(宮嶋僚),佐藤晴美,mie(牧村美奈),弘美」の4人になった以降の「ダイレクトメッセージ」は、にしの弘美も参照することができるようになりました

しかし、「ryo88(宮嶋僚),佐藤晴美,mie(牧村美奈)」の3人だった頃の「ダイレクトメッセージ」を
にしの弘美が参照することはできませんでした

「ryo88(宮嶋僚),佐藤晴美,mie(牧村美奈)」の3人がやり取りしていた会話が「プライベートチャンネル」へと変換された結果、招待された「にしの弘美」は、4人以降のやり取りだけではなく、すべてのやり取りを確認できるようになったというわけですね。

総括

複数人で直接メッセージをやり取りするなら
「グループダイレクトメッセージ」
は非常に使い勝手のいいメッセージスペースとなります。

しかし、途中参加のユーザーがいる場合は、上述のように
「これまでのメッセージをすべて見せる」
か、
「これまでのメッセージを見せる必要がない」
かで、その後の流れが変わってきます。

また、
「4人のメッセージスペースとは別に、これまで通り3人だけのメッセージスペースも必要である」
と言う場合は、この「グループダイレクトメッセージ」は明確にメッセージスペースを区切ることができるので、非常に便利ですね。

Slackにおいて、「チャンネル」と「ダイレクトメッセージ」の使い方がイマイチ不明瞭であるなら、このページのように、
「各ユーザーのメッセージスペースを使い分ける方法」
を意識して使うと、使い方がはっきりしてくると思います。

関連記事

  1. [slack]27.Outlookを使っていない会社がslackにメール管理を導入するならShare…

  2. [slack]19.ファイルを削除する

  3. 大手キャリアから格安スマホへ切り替える―「LINEモバイル」編

  4. 【slack】2.招待したい人に案内を出す

  5. [slack]22.slack上でTrelloを使えるようにするためにAppを追加する方法

  6. [slack]9.誰でも使いやすい?!それとも…..#generalの上手な使い方

  7. [slack]18.クラウドストレージのファイルをslackで共有できるようにする

  8. [slack]21.スニペットを作成する

  9. マイクロソフトの「Forms」を利用してGoogleフォームのようなアンケートフォームを作成してみる…

特集記事!

  1. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  2. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  3. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  4. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  5. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  6. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  7. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選
  8. 【OneNote for Windows10】StickyNotesが使用可能に…
  9. iPadで手書きのメモを取る!ApplePencilが使える無料のメモアプリ5選…
  10. 楽天銀行の法人ビジネス口座を持っているなら無料で使えるクラウドアプリを使ってみよ…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. 【OneNoteへGo】Office製品のOutlook連絡帳をOneNoteの…
  2. 【ちょっと休憩】検索したいわけじゃないけどつい弾きたくなる「弾いちゃお検索」とは…
  3. 【マイクロソフト To-Do】パソコンとスマホで”やること”をシンプルに管理する…
  4. 【Google ToDo リスト】Gmailからも起動OK!Googleの予定管…
  5. ワールドカップには嘘のような法則が存在する?!
  6. 【リメンバーザミルク】海外製アプリながら使いやすいインターフェースで人気のタスク…
  7. これは使ってみたい!3つのTo-doリストを比較してみた
  8. 絵心がないからデザインは苦手っ・・・そんなあなたは「Canva」があればもう大丈…
  9. 経県値―自分がどれだけの都道府県に足を踏み入れたのかが簡単に分かるスマホアプリ
  10. とうとう正式リリース!マイクロソフトの「Whiteboard」アプリの使い心地は…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP