情報整理術の数々! PICK UP!

  • slack
  • 最終更新日: 2018.08.28

[slack]12.未読メッセージを一気に確認するには

Slackに参加しているメンバーがそこそこ多い場合には、
1日外出しただけで、各方面から自分が参加している「チャンネル」や「ダイレクトメッセージ」にメッセージが山ほど届いている、なんてことがあるかもしれません。
自席に戻ってパソコンを点ける動作が憚れますね。

そんな、Slackの未読メッセージをまとめて確認できるようにする方法があります。
それも、チャンネルやダイレクトメッセージの種類に関係なく、
とにかく、自分が読んでいないメッセージだけを拾い集めることができるので、使い方によっては非常に便利な機能となるかもしれません。

すべての未読メッセージを確認するために、まず設定の確認を行う必要があります。

サイドバーの環境設定を確認する

左サイドバーに表示される「全未読」が、本来すべての未読を確認できる場所になるのですが、「全未読」が表示されていない場合は、「環境設定」で設定を変更する必要があります。

画面左上の「ワークスペース名」をクリックし、メニューから「環境設定」をクリックします。

「サイドバー」を選択して、一覧から「全未読を表示する」にチェックを入れます。
右上の「×」をクリックして、環境設定を閉じましょう。

全未読を確認してみる

左サイドバーに表示されている「全未読」をクリックします。

画面は、ryo88(宮嶋僚)のslackのワークスペースです。
この時点で、「身内のよた話」チャンネルに3件、「mie(牧村美奈)」からのダイレクトメッセージに1件のメッセージが「未読」となっていることが分かります。

チャンネル数が増えてきたり、ダイレクトメッセージをやり取りする相手が増えた場合に、すぐ目を通すことができない時には、この「全未読」を使って、大事なメッセージを見落としていないかをすぐに確認することができます。

スマホのSlackアプリの未読はどのように表示される?!

Androidなど、スマホのSlackアプリでワークスペースを確認すると、「全未読」という項目は表示されません。
その代わりに、「未読」となっているチャンネルとダイレクトメッセージがサイドバーに「未読項目」としてまとめられる仕様となっています。

リフレッシュアイコン

「全未読」を確認中に、新しいメッセージが入ると、「リフレッシュアイコン」が表示されてすぐに確認できるようになっています。

「1件の新しいメッセージ」とボタンが表示されています。

すぐに、「全未読」に到着したばかりの新着(当然まだ読んでいないため未読となる)メッセージが表示されます。

なお、未読メッセージがたくさんあるときには、メッセージ一覧の一番最後に
「全てのメッセージを既読にする」ボタン
が表示されていますので、これをクリックして未読メッセージをすぐにゼロにすることもできます。

関連記事

  1. 【slack】5.チャンネルの削除とアーカイブ

  2. [slack]20.ポストを作成する

  3. [slack]16.メッセージをピン留めする

  4. [slack]17.ファイルを追加する

  5. 【formrun】で作った会員登録フォームに登録があったら「slack」のチャンネルに通知してみる

  6. [slack]28.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う方法(前編)

  7. [slack]6.プライベートチャンネルとパブリックチャンネルを使い分ける

  8. [slack]7.チャンネルから退出する

  9. 【slack】4.チャンネルを新規作成してトピックや目的を設定してみる

特集記事!

  1. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  2. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  3. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  4. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  5. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  6. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  7. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  8. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  9. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  10. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. AndroidスマホでGoogleのキーボード「Gboard」をビジネスでも上手…
  2. [OneDrive]共同作業でOfficeファイルを編集してみる!
  3. 【slack】5.チャンネルの削除とアーカイブ
  4. GoogleクラウドプリントでAndroidスマホから直接プリンタへ印刷する方法…
  5. [slack]18.クラウドストレージのファイルをslackで共有できるようにす…
  6. [slack]19.ファイルを削除する
  7. 【Excel2016】インクで作成した手書きメモをワークシートで自由自在に操る
  8. 乱立するQR決済!既存サービスの比較やこれから参入してくる注目の企業など一覧を見…
  9. [slack]20.ポストを作成する
  10. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編①

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP