情報整理術の数々! PICK UP!

  • slack
  • 最終更新日: 2018.10.1

[slack]15.メッセージにスターをつける

slackでは、自分が発したメッセージ、またチームのメンバーが発したメッセージに
「スター」をつけることができます。

最近では、重要だと思う内容に「スター」を付ける機能が搭載されているツールも多くなっていると思います。

slackでは、スターをつけたメッセージやファイルなどは、チャンネルやダイレクトメッセージに関係なく、簡単に一覧を確認できるようになっています。

メッセージやファイルにスターをつける

メッセージにスターをつける方法は、とても簡単です。

スターをつけたいメッセージにマウスを合わせて、「メッセージにスターをつける」をクリックします。
まずは、自分のダイレクトメッセージ内の特定のメッセージをスターにしてみました。

同じように、チャンネル内のメッセージにスターをつけてみます。

ワークスペース内のファイルにもスターをつけることができます。
メッセージ内のファイルに、マウスを合わせて「ファイルにスターをつける」をクリックします。

スターのついた内容をまとめて確認する

メッセージやファイルにスターをつけておくと、後でまとめて確認できるのでとても便利です。

ワークスペース内の右上の「☆」アイコンをクリックします。

「スター」のついたメッセージなどが一覧で表示されます。

スターのついたメッセージへと移動する場合は、そのメッセージにマウスを合わせ、
「ジャンプ」をクリックします。

上の画面では「#general」チャンネルを開いています。
ジャンプをすると、他のチャンネルやダイレクトメッセージ内の「スター」のついたメッセージに簡単に移動することができます。

チャンネルやダイレクトメッセージを丸ごとスターにする

チャンネルやダイレクトメッセージそのものを丸ごと「スター」として設定しておくと、左サイドバーに「スター付き」という項目が追加されます。

「佐藤春美」とのダイレクトメッセージそのものに「スター」をつけてみます。

「スター付き」が新しく作成され、「佐藤春美」がこの下に移動しました。
元々「ダイレクトメッセージ」の中に、この「佐藤春美」はあったのですが、「スター」がついたことで「スター付き」に移動された、というわけですね。

最後に

「スター」はもう一度、クリックすることで簡単に外すことができます。
ONとOFFの切り替えが簡単にできるスターは非常に使い勝手のいい機能となると思います。

自分のダイレクトメッセージに記述したことが、そのままToDoリストになることは前回書きました。

他のチャンネル内で発せられたメッセージ、そしてメンバーとのダイレクトメッセージでやり取りした内容をスターでまとめていけば、自分だけのToDoリストとは別に、スターアイテムだけで特定のまとまりを管理できるのです。

関連記事

  1. 【slack】4.チャンネルを新規作成してトピックや目的を設定してみる

  2. [slack]28.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う方法(前編)

  3. [slack]22.slack上でTrelloを使えるようにするためにAppを追加する方法

  4. [slack]6.プライベートチャンネルとパブリックチャンネルを使い分ける

  5. [slack]13.メッセージの共有と引用を使い分ける

  6. [slack]18.クラウドストレージのファイルをslackで共有できるようにする

  7. [slack]25.メインのメールや予定表にOutlookを使っているならslackのアプリで連携さ…

  8. [slack]23.Trelloアラートをインストール―Trelloの変更通知をslackで受け取る…

  9. 【slack】3.メッセージの投稿では「スレッド」を上手に使おう!

特集記事!

  1. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選
  2. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  3. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  4. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  5. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  6. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  7. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  8. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  9. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  10. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編③
  2. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編④
  3. コスパと性能の両面で購入したい!Bluetoothスピーカー【EWA107】の実…
  4. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  5. 契約書の作成から管理までをクラウドで完結できる!【Holmes】で契約のすべてを…
  6. 自社のサイトにオリジナリティ溢れる入力フォームを作るには?!作成も管理も手軽な【…
  7. クラウドベースでVisioと同じように様々な図面を作成できるLucidchart…
  8. Bluetooth接続を利用してWindowsパソコンとAndroidスマホでデ…
  9. エクセルに標準搭載された3Dマップを活用する![その3]―ツアー動画をYouTu…
  10. エクセルに標準搭載された3Dマップを活用する![その4]―フィールドリストが重複…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP