情報整理術の数々! PICK UP!

  • slack
  • 最終更新日: 2018.10.1

[slack]16.メッセージをピン留めする

slackでは、あるチャンネルやダイレクトメッセージ内の特定のメッセージに対して、「ピン留め」という操作をすることができます。

これは、後で「ピン留め」したメッセージだけを確認する際に役に立ちます。

1つのチャンネル、もしくはダイレクトメッセージ内で「最大100個まで」のピン留めを作成することができます。

「ピン留め」をしたいメッセージにマウスポインタを合わせ、表示されるメニューから「~にピン留めをする」をクリックします。
ちなみに、「~」にはチャンネル名などが入ります。

ウィンドウが表示されます。
「はい、このメッセージをピン留めします」をクリックします。

メッセージ一覧に、「ピン留め」されたことが分かるようにマークがつきます。

「チャンネルの詳細」を開いてみると、「1件のピン留めアイテム」というように、ピン留めされたアイテムが何件あるのか分かるように表示されるようになります。
展開してみると、「ピン留め」したメッセージなどが表示されるようになります。

これまでの画面では、「ryo88」が「ピン留め」したメッセージを「ryo88」でログインした画面内で確認してみました。

上の画面では、「にしの弘美」でログインしたパソコンで同じチャンネル内を確認しています。
「ryo88」がピン留めしたメッセージは、「にしの弘美」の画面でも同じようにピン留めされたアイテムとして確認できます。

「にしの弘美」の画面で、このメッセージから「ピン留め」を外してみます。

「このアイテムからピンを外す」をクリックします。

「にしの弘美」が、「ryo88」が設定した「ピン留め」を外しました。
したがって、「ryo88」がログインしているパソコンの画面を確認してみると、「ダイレクトメッセージ」内の「slackbot」から新しくメッセージが届いているのが分かります。

このように、「ピン留め」を誰が設定しても、別のメンバーがそれを外すことができる上、
その場合は「slackbot」から最初に「ピン留め」を設定したメンバーに宛てて通知されるようになるのです。

「ピン留め」したアイテムが増えていくと、どれぐらい「ピン留め」されたのか簡単に数えられなくなると思います。
そんな時は、チャンネル名の下を見てみると、「ピン留め」したアイテムがいくつあるのかを確認することができます。

同じように、「ピン留め」が増えていくと、「ピン留め」を外したい場合に簡単にそのメッセージを探すのは難しくなるでしょう。
そんな時は、右サイドバーの「ピン留め」の一覧から目的のアイテムを探して、そのアイテムの右上に表示される「×」をクリックしても、簡単に「ピン留め」を外すことができます。

関連記事

  1. [slack]15.メッセージにスターをつける

  2. 【slack】1.無料でも十分使えるコミュニケーションツールをまずは始めてみよう!

  3. [slack]12.未読メッセージを一気に確認するには

  4. [slack]22.slack上でTrelloを使えるようにするためにAppを追加する方法

  5. 【slack】2.招待したい人に案内を出す

  6. [slack]17.ファイルを追加する

  7. [slack]10.メッセージに書式設定をする

  8. [slack]27.Outlookを使っていない会社がslackにメール管理を導入するならShare…

  9. 【slack】4.チャンネルを新規作成してトピックや目的を設定してみる

特集記事!

  1. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  2. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  3. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  4. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  5. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  6. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  7. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  8. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  9. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  10. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. AndroidスマホでGoogleのキーボード「Gboard」をビジネスでも上手…
  2. [OneDrive]共同作業でOfficeファイルを編集してみる!
  3. 【slack】5.チャンネルの削除とアーカイブ
  4. GoogleクラウドプリントでAndroidスマホから直接プリンタへ印刷する方法…
  5. [slack]18.クラウドストレージのファイルをslackで共有できるようにす…
  6. [slack]19.ファイルを削除する
  7. 【Excel2016】インクで作成した手書きメモをワークシートで自由自在に操る
  8. 乱立するQR決済!既存サービスの比較やこれから参入してくる注目の企業など一覧を見…
  9. [slack]20.ポストを作成する
  10. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編①

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP