情報整理術の数々! PICK UP!

[slack]18.クラウドストレージのファイルをslackで共有できるようにする

slackで管理できるファイルは、パソコンなどの端末上だけのものとは限りません。
クラウドストレージ上のファイルもslackで同じように処理することができます。
ここでは、「DropBox」、「GoogleDrive」の2つのクラウドストレージのファイルをslackで管理してみたいと思います。

DropBox

2通りの方法で、DropBox上のファイルをslackのチャンネルで共有してみます。
1番目の方法は、DropBoxから初めてファイルをアップロードしつつ、そのままDropBoxと連携する場合、
2番目の方法は、DropBoxから特にアップロードするファイルが今のところないものの、連携だけはしておく場合となります。

DropBoxファイルのリンクを貼る

ここでは、「ryo88」が自分の「DropBoxアカウント」を使ってファイルを処理することにします。
ブラウザでアカウントにログインし、保存されているファイルを確認します。
slackにアップロードするファイルを決めたら、マウスを合わせて、表示される「共有」をクリックします。

「リンクを作成」をクリックします。

共有用のリンクが作成されます。
「リンクをコピー」をクリックします。

slackのチャンネルにDropBoxのファイルを共有します。
(ここでは、「身内のよた話」チャンネルに投稿することにします)
メッセージフィールドに、先程コピーした共有リンクを「貼り付け」して、「送信」します。

DropBoxのリンクを投稿すると、「slackbot」から
今後、「ryo88」による「DropBox」からのファイルのインポートを常に許可してもよいかを聞かれます。

「はい」をクリックすると、「APIリクエストの承認」というページが開きます。

「許可」をクリックすると、次のようなメッセージが表示されます。

これで、「ryo88」ユーザーは、次のようにパワーアップしたことになります。

  • 【1】.メッセージフィールドの横にある「+」ボタンをクリックすると、「DropBox」と言う項目が表示される
  • 【2】.slackにインポートされたファイルは、検索も共有もできるようになったが、その実態は「ryo88」のDropBoxアカウントに保存されている

【1】は、次のようになります。

それまで、「ryo88」のパソコンからファイルをアップロードすることはできましたが、
加えてDropBoxからもファイルをアップロードすることができるようになったわけです。

さらに【2】は、次のようになります。

上の画面は、「にしの弘美」がslackにログインした後の画面になります。

slackにアップロードされていながらも、
実体は「ryo88」のDropBoxに保存されている「IMG_0017.jpg」は、
他のユーザー(ここでは「にしの弘美」)がslack上で検索をしても、きちんとヒットしていますね。

AppディレクトリからDropBoxをインストールする

先程まで見てきた方法は、
直接DropBoxの画面で目的のファイルのリンクをコピーして、
それをslackのメッセージから投稿し、
DropBoxとslackを連携させる方法でした。

特に、共有したいファイルがない場合は、次のように
ワークスペースの「App管理」から手動で「DropBox」アプリをslackと連携させる方法もあります。

App管理を操作できる権限とは?!

「App管理」は、ワークスペースの「オーナー」もしくは「管理者」権限でなければ、操作できません。
「通常メンバー」の権限であるユーザーは、「App管理」を開くことができません。
詳細は、利用しているワークスペースのプライマリオーナー(ワークスペースの作成者)に確認するとよいでしょう。

ワークスペース名をクリックし、「その他管理項目」から「App管理」をクリックします。

何も登録されていないと、上の画面のようになります。
「Appディレクトリを参照する」をクリックします。

slackと連携できるアプリの一覧が表示されます。
一覧から「DropBox」を選択します。

上のような画面になったら、「インストール」をクリックします。

1番目の方法では、目的のファイルをアップロードしながらslackとDropBoxを連携しましたので、「DropBoxアカウント」も前もって分かっていましたが、ここでは単に連携させただけなので、どのDropBoxアカウントを使用するのか決まっていません

したがって、「DropBoxアカウントを認証する」をクリックして、アカウント認証を行います。

DropBoxアカウントに既にログインしている場合

上のように表示されたら、以前にこのパソコン(などのデバイス)でDropBoxにログインしている状態なので、「許可」をクリックするだけで、そのアカウントが登録されます。

DropBoxアカウントにログインしたことがない場合

上のように表示されたら、1度もこのパソコン(などのデバイス)でDropBoxにログインしたことがないため、ログイン情報を求められます。
slackと連携するDropBoxアカウントでログインしましょう。

Googleドライブ

DropBoxと同様に、「Googleドライブ」もslackと連携させることができます。
基本的な操作は、DropBoxと同じ流れとなります。

ブラウザの「Googleドライブ」にログインし、slackにアップロードしたいファイルを右クリックすると一覧に「共有可能なリンクの取得」がありますので、これをクリックします。

DropBoxの時と同じように「slackbot」からメッセージがあります。

slackがGoogleドライブへアクセスできるように「許可」をクリックします。

ワークスペースで利用できるGoogleアカウントと連携させれば、このアカウントのGoogleドライブにあるファイルは、いつでもslackへと表示させることができるようになります。

「App管理」を確認すると、最初に追加したDropBoxに加え、「Googleドライブ」が追加されましたね。

メッセージフィールドの「+」をクリックすると、「クラウドサービス」と言う項目が増え、「DropBox」と「Googleドライブ」が選べるようになっています。

※直接「App管理」からGoogleドライブを追加する方法は、DropBoxと同じとなりますのでDropBoxを参考に設定してみてください。

Googleドライブは、通常ユーザーも利用できる

DropBoxと違って、Googleドライブは、ワークスペース内の「通常メンバー」権限のユーザーでも利用することができます。
このページの例では、まず「ryo88(プライマリオーナー)」がGoogleドライブとslackの連携を設定します。
その後、「にしの弘美(通常ユーザー)」がメッセージフィールドでファイルを追加しようとすると、「Googleドライブ」という項目が表示されます。
「にしの弘美」がもし、「Googleアカウント」を持っていて、その自分のアカウントに保存してあるファイルをslackで共有したいときには、「にしの弘美のGoogleアカウント」がslack内に認証アカウントとして保存されることになります。
つまり、このワークスペース内には「ryo88」と「にしの弘美」の2人分のGoogleアカウントが認証される、ということになるのです。

関連記事

  1. [slack]14.自分のダイレクトメッセージがToDoリストとして使える

  2. 【formrun】で作った会員登録フォームに登録があったら「slack」のチャンネルに通知してみる

  3. [slack]6.プライベートチャンネルとパブリックチャンネルを使い分ける

  4. [slack]11.ダイレクトメッセージを使ってメンバー同士でやり取りをする

  5. [slack]9.誰でも使いやすい?!それとも…..#generalの上手な使い方

  6. 【slack】5.チャンネルの削除とアーカイブ

  7. [slack]23.Trelloアラートをインストール―Trelloの変更通知をslackで受け取る…

  8. [slack]16.メッセージをピン留めする

  9. 【slack】2.招待したい人に案内を出す

特集記事!

  1. 【連載】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイン…
  2. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  3. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  4. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選
  5. 【OneNote for Windows10】StickyNotesが使用可能に…
  6. iPadで手書きのメモを取る!ApplePencilが使える無料のメモアプリ5選…
  7. 楽天銀行の法人ビジネス口座を持っているなら無料で使えるクラウドアプリを使ってみよ…
  8. 外出先からの転送もOK!使い勝手のいいファイル転送アプリを3つ選んでみた
  9. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編[番外]
  10. QR決済に新たな刺客!ソフトバンクとヤフーが開始したPayPay(ペイペイ)を設…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. ドコモ会員必見!!買い物や登録で賢くキャッシュを貯めるには?!
  2. スマホで画像をスキャンーOffice Lensは画像の文字も読み取る優れもの①
  3. スマホで画像をスキャンーOffice Lensは画像の文字も読み取る優れもの②
  4. 【OneNoteへGo】YouTubeの動画をノートに埋め込む
  5. 【OneNoteへGo】Office製品のOutlook連絡帳をOneNoteの…
  6. 【ちょっと休憩】検索したいわけじゃないけどつい弾きたくなる「弾いちゃお検索」とは…
  7. 【マイクロソフト To-Do】パソコンとスマホで”やること”をシンプルに管理する…
  8. 【Google ToDo リスト】Gmailからも起動OK!Googleの予定管…
  9. ワールドカップには嘘のような法則が存在する?!
  10. 【リメンバーザミルク】海外製アプリながら使いやすいインターフェースで人気のタスク…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP