情報整理術の数々! PICK UP!

[slack]22.slack上でTrelloを使えるようにするためにAppを追加する方法

「slack」では、他アプリと連携させることによって、slack上で様々なアプリを動作せることができるようになります。

以前の連載でも紹介したように、クラウドストレージのアプリを連携させることによって、クラウドストレージに保存しているファイルを「slack」で共有できるようにする、ということも可能となります。

ここでは、「slack」でプロジェクト管理ツールである「Trello」を利用できるように連携させてみたいと思います。

ただ、そのためには「Trello」で「チームを作成する」必要があります。

以下の記事を参考に、事前に「Trello」でチームを作成しておいてください。

Trelloアプリをインストールする

Windowsパソコンでの操作となります。

まずは、「slack」で「Appを追加」してみます。

slackのサイドバーの「App」から「+(アプリを検索する)」をクリックします。

slackと連携できるアプリの一覧が表示されます。
この一覧に、「Trello」がない場合は、「Trello」で検索すると表示されると思います。

「Trello」の横の「インストール」をクリックします。

「Trello」のアプリ情報が表示されますので、「サイトにアクセスしてインストール」をクリックします。

画面が切り替わりますので、「Add to slack」をクリックします。

「slack」に連携させる「Trello」のチームを選択します。
あらかじめ「情報整理術チーム」と言う名前のチームを「Trello」で作成していましたので、このチームを連携させるようにします。

「Trello」のチーム設定画面が表示されます。
「slack」と連携できたことが分かりますね。

slackのチャンネルにTrelloを連携する

「Trello」アプリを連携できたら、「slack」のチャンネルに連携させます。

左サイドバーの「App」に追加された「Trello」をクリックすると、右サイドバーに「Trello」が表示されますので、これをクリックします。

「チャンネルにこのアプリを連携する」をクリックします。

どのチャンネルを追加するかを選択するウィンドウが表示されます。
ここでは、「#general」チャンネルに追加してみます。

以降、「slack」の記事内から「Trello」への操作ができるようになりました。

最初に接続すると、上のような画面が表示される場合があります。

アプリが「Trello」に対してアカウントを使ってもよいかを尋ねてきますので、「許可」をクリックします。

「Trello」での処理が完了しました。
それでは、「slack」から「Trello」を操作してみましょう。

slackから新しいカードを作成する

「slack」から「情報整理術チーム」が管理している「情報整理術」ボードに接続します。

現在、このボードには、「trello」と言う名前のリストと、「管理台帳」と言う名前の2つのリストが用意されています。
そして、「trello」リストには、「slackとの連携」カードが作成されています。

ちなみに、slackからリストを作成することはできないので、事前に必要なリストは作成しておきましょう。

それでは、「slack」から「trello」リストに、新しいカードを1枚作成してみます。

チャンネルは「#general」チャンネルを開いています。
メッセージ入力枠に、「/trello link ボードのURL」と入力します。
ちなみに、ボードのURLは、以下で確認することができます。

「Trello」でボードを開いて、「ボードのメニュー」から、「もっと見る」をクリックし、一覧の「このボードのURL」に表示されているURLがそれになります。

「情報整理術」ボードに接続し、その中にあるリストを選ぶためのドロップダウンが表示されています。
このドロップダウンをクリックすると、現状存在している2つのリスト名が表示されます。

つまり、”新しくカードを作成するためのリストをどちらにするか選びなさい”と言われているわけです。

「Trello」リストに新しいカードを作成したいので、ドロップダウンから「Trello」を選択します。

ドロップダウンでリストを選択すると、メッセージ欄が”「Trello」リストをデフォルトに変更した”と言う表示に変わります。

つまり、現在操作しているリストは「Trello」リストに変わりました、ということです。

そして、メッセージ入力欄に「/trello add カード名」と入力します。

実際に、「Trello」の画面を見てみると、「新しいカード」という名前のカードが作成されました。

総括

「slack」で「Trello」アプリをインストールし連携させると、「slack」のメッセージ入力だけで「Trello内を操作することができる」便利さがお分かりいただけたと思います。

一部、ボタンをクリックしたり、ドロップダウンから操作したり、とGUIで操作できる部分があるものの、基本的にはメッセージ入力欄にコマンドを入力するような形で「Trello」に指示を出しますので、”とっつきにくいなぁ”と思った方も多いかもしれません。

しかし、命令するコマンドもそれほど複雑ではないですし、なんとなく英単語も分かれば操作の意味が分かるような簡単なものになっています。

「Trello」のヘルプページにも、「slackアプリ」として使う場合のコマンド集が用意されていますので、参考にしてみてください。

【Trelloのslackアプリ(ヘルプページ)】

関連記事

  1. 【slack】3.メッセージの投稿では「スレッド」を上手に使おう!

  2. [slack]15.メッセージにスターをつける

  3. [slack]20.ポストを作成する

  4. 【slack】2.招待したい人に案内を出す

  5. [slack]6.プライベートチャンネルとパブリックチャンネルを使い分ける

  6. [slack]17.ファイルを追加する

  7. [slack]18.クラウドストレージのファイルをslackで共有できるようにする

  8. [slack]23.Trelloアラートをインストール―Trelloの変更通知をslackで受け取る…

  9. [slack]12.未読メッセージを一気に確認するには

特集記事!

  1. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  2. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  3. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選
  4. 【OneNote for Windows10】StickyNotesが使用可能に…
  5. iPadで手書きのメモを取る!ApplePencilが使える無料のメモアプリ5選…
  6. 楽天銀行の法人ビジネス口座を持っているなら無料で使えるクラウドアプリを使ってみよ…
  7. 外出先からの転送もOK!使い勝手のいいファイル転送アプリを3つ選んでみた
  8. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編[番外]
  9. QR決済に新たな刺客!ソフトバンクとヤフーが開始したPayPay(ペイペイ)を設…
  10. MVNOへ移行する前に確認しておきたい6つの注意ポイントとは

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. ExcelやWordファイルに保存される個人情報を削除するには
  2. ドコモ会員必見!!買い物や登録で賢くキャッシュを貯めるには?!
  3. スマホで画像をスキャンーOffice Lensは画像の文字も読み取る優れもの①
  4. スマホで画像をスキャンーOffice Lensは画像の文字も読み取る優れもの②
  5. 【OneNoteへGo】YouTubeの動画をノートに埋め込む
  6. 【OneNoteへGo】Office製品のOutlook連絡帳をOneNoteの…
  7. 【ちょっと休憩】検索したいわけじゃないけどつい弾きたくなる「弾いちゃお検索」とは…
  8. 【マイクロソフト To-Do】パソコンとスマホで”やること”をシンプルに管理する…
  9. 【Google ToDo リスト】Gmailからも起動OK!Googleの予定管…
  10. ワールドカップには嘘のような法則が存在する?!

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP