情報整理術の数々! PICK UP!

[slack]23.Trelloアラートをインストール―Trelloの変更通知をslackで受け取る

slackは、他アプリを連携させることによって、様々なアプリをslack上で動作させることができます。

前回、「Trello」アプリをインストールし、slackのメッセージ入力枠にTrelloコマンドを入力することによって、Trelloのカードを作成したり、ボードに接続したりできることを実際に試してみました。

今回は、「Trelloアラート」をslackにインストールし、Trello上で何らかのアクティビティが発生した時点で、自動的にslackに通知するように設定してみたいと思います。

Trelloアラートのインストール

「slack」には、「Trello」とは別に、「Trelloアラート」というアプリをインストールすることができます。

「App」から「Trelloアラート」を探して、インストールします。

「Trelloアラート」をslackにインストールできると、設定画面が表示されます。

「Trello」にアクティビティによる変更があった場合に、その変更を通知するためのslackのチャンネルを選択します。

その後、「Trelloインテグレーションを追加する」をクリックします。

「Trelloボード」の内、どのボードに対する変更があった時に、slackに通知するかを選択します。
ここでは、「情報整理術」ボードを選択します。

また、「Trello」内でどのような操作があった時に通知させるかを細かく指定することができます。

slackのメッセージに、Trelloから通知されるアイコンやテキストなどを決めることができます。

「Trelloアラート」からの通知であれば、アイコンを変更して分かりやすくしておいてもいいかもしれません。

設定が終わったら、「インテグレーションの保存」をクリックします。

Trelloアラートの動きを確認してみる

それでは、実際に「情報整理術」ボード内に何らかの変更を加えて、「Trelloアラート」の動作を確認してみましょう。

既存リストが2つでしたが、そこに「宮嶋のメモ」と言う名前のリストを新しく作成してみました。

事前の設定では、上のように「リストが作成されました」にチェックを入れてあります。

つまり、新しくリストが作成されたら、「slack」の「#general」チャンネルに通知が行くように設定しているわけです。

「slack」の「#general」チャンネルを開いてみました。

メッセージ欄に、「情報整理術ボードに”宮嶋のメモ”という新しいリストが作成された」というメッセージが到着していますね。

続いて、「slackに通知」というカードを新規作成し、そのカードにコメントを追加してみました。

「Trelloアラート」の事前設定では、「カードの新規作成」と「カードにコメント追加」にチェックを入れて、通知が来るようにしています。

「slack」の「#general」チャンネルには、2つの変更が通知されています。

総括

「Trello」と合わせて、「Trelloアラート」を「slack」にインストールしておくと、「slack」から「Trello」に接続できるだけでなく、逆に「Trello」で処理した操作を瞬時に「slack」で確認できるようになります。

「slack」と「Trello」のヘビーユーザーであれば、お互いを連携させることができるこのアプリは「slack」に入れておきたい必須アプリとなりそうです。

プロジェクトの内容やチーム方針として、これらのツールを使い分けていたとしても、簡単に相互共有が図れます。

意図せず、最初から情報の共有場所を「slack」と「Trello」で分けてしまったとしても、「slack」へインストールするこれらのアプリによって解決できる場合があるかもしれません。

情報を1箇所にまとめる前に、両方のアプリを同時に使っていく価値はないかを見出す手段として、これらのアプリを検討してみてもいいかもしれませんね。

関連記事

  1. 【slack】5.チャンネルの削除とアーカイブ

  2. [slack]7.チャンネルから退出する

  3. [slack]27.Outlookを使っていない会社がslackにメール管理を導入するならShare…

  4. [slack]12.未読メッセージを一気に確認するには

  5. [slack]13.メッセージの共有と引用を使い分ける

  6. [slack]25.メインのメールや予定表にOutlookを使っているならslackのアプリで連携さ…

  7. 【slack】4.チャンネルを新規作成してトピックや目的を設定してみる

  8. [slack]18.クラウドストレージのファイルをslackで共有できるようにする

  9. [slack]17.ファイルを追加する

特集記事!

  1. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  2. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  3. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  4. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  5. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  6. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  7. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  8. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  9. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  10. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. AndroidスマホでGoogleのキーボード「Gboard」をビジネスでも上手…
  2. [OneDrive]共同作業でOfficeファイルを編集してみる!
  3. 【slack】5.チャンネルの削除とアーカイブ
  4. GoogleクラウドプリントでAndroidスマホから直接プリンタへ印刷する方法…
  5. [slack]18.クラウドストレージのファイルをslackで共有できるようにす…
  6. [slack]19.ファイルを削除する
  7. 【Excel2016】インクで作成した手書きメモをワークシートで自由自在に操る
  8. 乱立するQR決済!既存サービスの比較やこれから参入してくる注目の企業など一覧を見…
  9. [slack]20.ポストを作成する
  10. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編①

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP