情報整理術の数々! PICK UP!

[slack]26.乗り換え検索もslackがあれば問題なし!NAVITIMEと連携させてみる

普段使っているSlack上で、乗り換え検索ができるようになったらとても便利なのに・・・

と思っていたら、Slackはなんとあの「NAVITIME」と連携できるようになりました。

設定は、おなじみの「アプリ」から行います。

それでは、「NAVITIME for Slack」をSlackに設定してみたいと思います。

NAVITIME for Slackをインストールする

Slackの左サイドのAppから「アプリ一覧」をクリックします。

検索窓に「navitime」と入力すると、「NAVITIME for Slack」がヒットしますので、その右横の「インストール」をクリックします。

アプリ情報が開きます。
「サイトにアクセスしてインストールする」をクリックします。

画面内の「Add to Slack」をクリックします。

「インストール」をクリックします。

インストールが完了すると、「設定が完了しました」と表示されます。

NAVITIME for Slackを使ってみる

「NAVITIME for Slack」は、どのチャンネル・ダイレクトメッセージでも使用できます。

Appの一覧にも「navitime」が表示されています。
とりあえず、駅から駅までの経路を検索してみましょう。
メッセージ入力ボックスに以下のように入力してみます。

/navitime 東京から大宮

どうせ北海道なら”国縫から小幌”とか表示してみたかったのですが、
あまりにも一般的ではないので(小幌駅は秘境として有名かも!)、全国的に有名な駅名にしておきました。

ブラウザでNAVITIMEを開いた時のように、検索した経路がSlack上に表示されます。
「/navitime」の後は、半角スペースを空けて「目的地から目的地」のように入力します。

おすすめとなる経路が1つ、「経路1」として表示されます。
その移動方法が下に表示されますが・・・

25分で着く上に料金が高い、と思ったらこの経路はどうやら新幹線に乗った場合のようですね。
とりあえず他の経路を検索してみます。

先程表示された検索結果の下の方に、
「他の経路を確認」
とあります。
ドロップダウンとなっているので、一覧から調べたい経路を選択し、「条件を変更して再検索」クリックします。

経路2を選択してみました。
新幹線よりは断然安い在来線のJR宇都宮線での移動が検索されました。

NAVITIMEの検索ウィンドウを使う

メッセージ入力ボックスに、「/navitime」と入力すると、経路の詳細設定を入力するためのウィンドウがメッセージエリアに表示されます。

検索フォームがSlack上に表示されました。

「出発地」、「到着地」を入力して、検索したい日時を決定したら
「検索」をクリックします。
もう少し詳細に検索したい場合は、「詳細条件設定」をクリックします。

総括

ブラウザでURLを開くことなく、Slack上で使い慣れた経路検索が使えるようになるのは、とても便利ですね。

現在のチャンネルもしくは個人のDMで調べた経路は、他の「チャンネル」や「ダイレクトメッセージ」にも共有できます。

得意先訪問などで電車やバスでの移動がよくある場合は、
その経路や料金を簡単に調査・共有するためにも、「NAVITIME」のアプリを導入してみると大いに役立つかもしれませんよ。

関連記事

  1. [slack]19.ファイルを削除する

  2. [slack]7.チャンネルから退出する

  3. [slack]18.クラウドストレージのファイルをslackで共有できるようにする

  4. [slack]27.Outlookを使っていない会社がslackにメール管理を導入するならShare…

  5. [slack]17.ファイルを追加する

  6. [slack]8.権限を変更してパブリックチャンネルをプライベートチャンネルに変換する

  7. 【slack】5.チャンネルの削除とアーカイブ

  8. [slack]21.スニペットを作成する

  9. 【formrun】で作った会員登録フォームに登録があったら「slack」のチャンネルに通知してみる

特集記事!

  1. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  2. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  3. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  4. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  5. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  6. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  7. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選
  8. 【OneNote for Windows10】StickyNotesが使用可能に…
  9. iPadで手書きのメモを取る!ApplePencilが使える無料のメモアプリ5選…
  10. 楽天銀行の法人ビジネス口座を持っているなら無料で使えるクラウドアプリを使ってみよ…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. 【OneNoteへGo】Office製品のOutlook連絡帳をOneNoteの…
  2. 【ちょっと休憩】検索したいわけじゃないけどつい弾きたくなる「弾いちゃお検索」とは…
  3. 【マイクロソフト To-Do】パソコンとスマホで”やること”をシンプルに管理する…
  4. 【Google ToDo リスト】Gmailからも起動OK!Googleの予定管…
  5. ワールドカップには嘘のような法則が存在する?!
  6. 【リメンバーザミルク】海外製アプリながら使いやすいインターフェースで人気のタスク…
  7. これは使ってみたい!3つのTo-doリストを比較してみた
  8. 絵心がないからデザインは苦手っ・・・そんなあなたは「Canva」があればもう大丈…
  9. 経県値―自分がどれだけの都道府県に足を踏み入れたのかが簡単に分かるスマホアプリ
  10. とうとう正式リリース!マイクロソフトの「Whiteboard」アプリの使い心地は…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP