情報整理術の数々! PICK UP!

[slack]26.乗り換え検索もslackがあれば問題なし!NAVITIMEと連携させてみる

普段使っているSlack上で、乗り換え検索ができるようになったらとても便利なのに・・・

と思っていたら、Slackはなんとあの「NAVITIME」と連携できるようになりました。

設定は、おなじみの「アプリ」から行います。

それでは、「NAVITIME for Slack」をSlackに設定してみたいと思います。

NAVITIME for Slackをインストールする

Slackの左サイドのAppから「アプリ一覧」をクリックします。

検索窓に「navitime」と入力すると、「NAVITIME for Slack」がヒットしますので、その右横の「インストール」をクリックします。

アプリ情報が開きます。
「サイトにアクセスしてインストールする」をクリックします。

画面内の「Add to Slack」をクリックします。

「インストール」をクリックします。

インストールが完了すると、「設定が完了しました」と表示されます。

NAVITIME for Slackを使ってみる

「NAVITIME for Slack」は、どのチャンネル・ダイレクトメッセージでも使用できます。

Appの一覧にも「navitime」が表示されています。
とりあえず、駅から駅までの経路を検索してみましょう。
メッセージ入力ボックスに以下のように入力してみます。

/navitime 東京から大宮

どうせ北海道なら”国縫から小幌”とか表示してみたかったのですが、
あまりにも一般的ではないので(小幌駅は秘境として有名かも!)、全国的に有名な駅名にしておきました。

ブラウザでNAVITIMEを開いた時のように、検索した経路がSlack上に表示されます。
「/navitime」の後は、半角スペースを空けて「目的地から目的地」のように入力します。

おすすめとなる経路が1つ、「経路1」として表示されます。
その移動方法が下に表示されますが・・・

25分で着く上に料金が高い、と思ったらこの経路はどうやら新幹線に乗った場合のようですね。
とりあえず他の経路を検索してみます。

先程表示された検索結果の下の方に、
「他の経路を確認」
とあります。
ドロップダウンとなっているので、一覧から調べたい経路を選択し、「条件を変更して再検索」クリックします。

経路2を選択してみました。
新幹線よりは断然安い在来線のJR宇都宮線での移動が検索されました。

NAVITIMEの検索ウィンドウを使う

メッセージ入力ボックスに、「/navitime」と入力すると、経路の詳細設定を入力するためのウィンドウがメッセージエリアに表示されます。

検索フォームがSlack上に表示されました。

「出発地」、「到着地」を入力して、検索したい日時を決定したら
「検索」をクリックします。
もう少し詳細に検索したい場合は、「詳細条件設定」をクリックします。

総括

ブラウザでURLを開くことなく、Slack上で使い慣れた経路検索が使えるようになるのは、とても便利ですね。

現在のチャンネルもしくは個人のDMで調べた経路は、他の「チャンネル」や「ダイレクトメッセージ」にも共有できます。

得意先訪問などで電車やバスでの移動がよくある場合は、
その経路や料金を簡単に調査・共有するためにも、「NAVITIME」のアプリを導入してみると大いに役立つかもしれませんよ。

関連記事

  1. [slack]6.プライベートチャンネルとパブリックチャンネルを使い分ける

  2. [slack]11.ダイレクトメッセージを使ってメンバー同士でやり取りをする

  3. [slack]17.ファイルを追加する

  4. [slack]19.ファイルを削除する

  5. [slack]23.Trelloアラートをインストール―Trelloの変更通知をslackで受け取る…

  6. 【slack】1.無料でも十分使えるコミュニケーションツールをまずは始めてみよう!

  7. 【slack】5.チャンネルの削除とアーカイブ

  8. [slack]21.スニペットを作成する

  9. [slack]10.メッセージに書式設定をする

特集記事!

  1. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  2. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  3. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  4. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  5. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  6. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  7. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  8. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  9. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  10. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. AndroidスマホでGoogleのキーボード「Gboard」をビジネスでも上手…
  2. [OneDrive]共同作業でOfficeファイルを編集してみる!
  3. 【slack】5.チャンネルの削除とアーカイブ
  4. GoogleクラウドプリントでAndroidスマホから直接プリンタへ印刷する方法…
  5. [slack]18.クラウドストレージのファイルをslackで共有できるようにす…
  6. [slack]19.ファイルを削除する
  7. 【Excel2016】インクで作成した手書きメモをワークシートで自由自在に操る
  8. 乱立するQR決済!既存サービスの比較やこれから参入してくる注目の企業など一覧を見…
  9. [slack]20.ポストを作成する
  10. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編①

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP