情報整理術の数々! PICK UP!

[slack]24.slackに設定したOneDrive上のMicrosoft365アプリは直接開くことができる?

slackのAppにマイクロソフトの「OneDrive」を設定すると、
slackから簡単にOneDriveのファイルへとアクセスすることができます。

OneDriveに保存されているファイルが、ワードやエクセルなど「Office365」のファイルであれば、
それらをslack上で開くと、「Microsoft Online」が起動して、簡単にデータの編集などができるようになります。

ここでは、「slack」のAppディレクトリからOneDriveを使えるように設定し、
OneDriveに保存したエクセルファイルをslackで開くと、どのように表示されるのかを見ていきたいと思います。

slackのAppにOneDriveを追加する

slackの操作はWindowsパソコンで行っています。

以前、クラウドストレージで言えば
「DropBox」と「Google Drive」をAppに追加する方法をご紹介していました。

やり方は同様ですが、今回追加するAppはOneDriveになります。

slackの左サイドの「App」をクリックします。

「アプリ一覧」で「OneDrive」と検索するか、表示されているアプリのリストから「OneDrive」を探して「インストール」をクリックします。

Appディレクトリで「OneDrive」を追加します。

slackに「OneDriveアカウント」を接続します。
「OneDriveアカウントを認証する」をクリックすると、マイクロソフトアカウントの入力を求められる場合があります。

OneDriveを使うマイクロソフトアカウントを入力してログインします。

上のように、「OneDriveに認証されました:[メールアドレス]」と表示されたらOneDriveの設定は完了です。
Appディレクトリの画面が表示されていたら、そのページは閉じても大丈夫です。

slackでOneDriveを開いてみると・・・

それでは、slackの画面に戻って「OneDrive」を開いてみましょう。

メッセージ入力枠の左横にある「+」をクリックして、「クラウドサービス」から「OneDrive」をクリックします。

・・・・・何も開かない・・・・・

という方がほとんどかもしれませんね。

実は、どのブラウザを使っていても、おおよそデフォルトの設定のままだと
「ポップアップウィンドウがブロックされている状態」
となっています。

つまり、slackからOneDriveのウィンドウを開く時にそのウィンドウは「ポップアップウィンドウ」となってしまうため、ブラウザによってブロックされている状態となっているのです。

上の画面は、「Google Chrome」のアドレスバーですが、
「ポップアップウィンドウをブロックしたマーク」が表示されています。

そのマークをクリックすると、上のようにメッセージが表示されます。
「~のポップアップとリダイレクトを常に許可する」をクリックし、「完了」をクリックします。

それでは、もう一度同じように「OneDrive」を開いてみましょう。

連携したアカウントのOneDriveの中身が別ウィンドウで表示されました。

OneDriveに保存してあるエクセルファイルをslackに挿入する

OneDriveに何かエクセルやワードなどのファイルを保存してそれらを開くようにします。
ここでは、OneDriveに保存してあった「出納データ.xlsx」をslackの「general」チャンネルに挿入してみたいと思います。

目的のファイルを選択し、「開く」をクリックします。

slackのチャンネル内の最新メッセージに、「エクセルファイル」が挿入されています。

slackに挿入されたエクセルファイルを開いてみる

挿入したエクセルファイルにマウスを合わせると、
「クリックしてOneDriveで開く」
と表示されます。

このファイルをクリックすると、「Excel Online」が開きます。

開いた「Excel Online」でファイルの編集が可能となります。

総括

元々、slack上でOneDriveのファイルを直接開くことができなかった時は、以下のように処理をしていました。

  • OneDriveのファイルを一旦自分のコンピュータにダウンロードして、それをslackにアップロードする
  • OneDriveの共有リンクをslackのメッセージに貼り付け、そのリンクをクリックしてOneDriveを開く

しかし、直接slackからOneDriveの各フォルダへとアクセスでき、
ワードやエクセルなどのOfficeファイルであれば、Officeのオンラインアプリで編集することができるようになったわけです。

コミュニケーションツールとして「slack」を使う会社さんも増えてきたことですし、
また一段とクラウドストレージ、それも使用頻度の高いマイクロソフト製品との親和性が高くなりました。

slackのワークスペースに対するポップアップブロックの解除が必要とはなりますが、
OneDriveに保存しているデータをslackでもじゃんじゃん見られるように有効活用しちゃいましょう!

関連記事

  1. [slack]26.乗り換え検索もslackがあれば問題なし!NAVITIMEと連携させてみる

  2. [slack]28.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う方法(前編)

  3. 【slack】1.無料でも十分使えるコミュニケーションツールをまずは始めてみよう!

  4. [slack]17.ファイルを追加する

  5. 【slack】2.招待したい人に案内を出す

  6. [slack]25.メインのメールや予定表にOutlookを使っているならslackのアプリで連携さ…

  7. [slack]12.未読メッセージを一気に確認するには

  8. [slack]21.スニペットを作成する

  9. [slack]16.メッセージをピン留めする

特集記事!

  1. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  2. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  3. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  4. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  5. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  6. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  7. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  8. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  9. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  10. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. AndroidスマホでGoogleのキーボード「Gboard」をビジネスでも上手…
  2. [OneDrive]共同作業でOfficeファイルを編集してみる!
  3. 【slack】5.チャンネルの削除とアーカイブ
  4. GoogleクラウドプリントでAndroidスマホから直接プリンタへ印刷する方法…
  5. [slack]18.クラウドストレージのファイルをslackで共有できるようにす…
  6. [slack]19.ファイルを削除する
  7. 【Excel2016】インクで作成した手書きメモをワークシートで自由自在に操る
  8. 乱立するQR決済!既存サービスの比較やこれから参入してくる注目の企業など一覧を見…
  9. [slack]20.ポストを作成する
  10. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編①

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP