情報整理術の数々! PICK UP!

メールアプリ「Spark」の便利機能その8ーリマインダー

「Spark」で利用できるスケジュール機能の内、「送信予約」と「スヌーズ」について見てきました。

さて、今回は最後の「リマインダー」機能を操作してみたいと思います。

リマインダーを使う場面

前回使ってみた「スヌーズ」は以下のような場面で使いました。

受信したメールに対して、今対応できないから後で再度自分に通知しよう

メールがたくさん来ていて順番に処理しなければならないけど、その中にある大事なメールが埋もれてしまうかもしれない・・・。

大事なメールは、後で再度自分に通知しよう!

そんな時に使うのが「スヌーズ」でした。

一方、「リマインダー」は受信したメールには設定できません

AndroidとiOSで若干仕様に違いがありますが、送信する(した)メールのみに設定できる機能となります。

  • (Android)新規メールの作成時にリマインダーを設定できる
  • (iOS)新規メールの作成時と送信済みの両方でリマインダーを設定できる

使い方・設定の仕方は「スヌーズ」と同じになります。

新規メール作成時に設定

まずは、新規メールを作成している時点でリマインダーを設定してみます。

これは、Android、iOSの両OSで対応しています。
以下の画面はiOSの画面になります

新規メールの作成画面で、右上の「時計アイコン」をタップします。

「リマインダを設定」ウィンドウが表示されます。

設定は、「スヌーズ」と同じように
「あらかじめ決まった日時」
「”日時を選択”から任意の日時」
「”カスタマイズ”で、決められた日時をカスタマイズ」
などが設定できます。

「リマインダー」を設定すると、時計アイコンが青く塗りつぶされます。

設定後にメールを送信してみましょう。

送信済みフォルダに、先ほどリマインダーを設定して送信したメールが表示されます。

送信済みのメールに設定

既に送信し終わったメールに対しても、「リマインダー」を設定できますがこちらは現在のところ「iOS」だけの機能となっているようです。

送信済みのメールであれば、「・・・」をタップした一覧に「リマインダー設定」というアイコンがあります。

これをタップすれば、送信が完了しているメールでも再度リマインダーを設定できます。

極端な話、上の画面のように1年以上前に送ったメールでもリマインダーを設定できるのです。

新規メールに設定した場合と同様、「リマインダー」を設定した送信済みのメールにも「通知までの時間」が表示されるようになります。

リマインダー設定したメールの保存場所

リマインダーを設定したメールは、実際に通知の時間になるまでは、「リマインダー」というフォルダに保存されます。

「リマインダー」が見つからない時は?

「リマインダー」フォルダが見つからない時は、以下のようにフォルダリストの一番下を確認してみます。

「リストを編集」をタップします。

フォルダ名の前に「+」が付いているフォルダは、フォルダリストにはまだ表示されていないものになります。
もし、「リマインダー」フォルダの前に「+」が付いている状態なら、タップして「-」が表示されるようにします。

「+」が付いているフォルダはタップされると、「-」が付いている一覧の方に表示されるようになり、それは、”現在フォルダリストに表示されていますよ”という意味になります。

リマインダー設定したメールが複数ある時は、フォルダ内を覗けば一覧で確認できるようになるわけです。

上の画面は、”リマインダーが設定されているが、まだ時間が到達していないメール”が1件ある状態です。

通知の時間が到達したメールは、「リマインダー」フォルダからなくなり、”通知したよ”というお知らせが受信トレイに残るようになります。

「リマインダー」は、通知した時間が紫色で表示されます。
オレンジ色で表示されている時間は、前回操作した「スヌーズ」ですね。

総括

さて、「Spark」のスケジュール機能の内、今回は「リマインダー」について操作してみました。

今回の「リマインダー」はこれから送信するメール、送信したメールに対する通知機能であり、同じ通知機能である「スヌーズ」は受信したメールの再通知として使う、と書いてきました。

しかし、「受信したメール」に対して使っていた「スヌーズ」は、実は「送信済みのメール」に対しても設定ができます

ただ、「受信したメールで大事だと思う物を後で通知する機能」と、「送信するメールの返信状況などを確認するために通知する機能」は明確に分けておいた方が使い勝手がいいため、「スヌーズ」は受信メールに対してだけ使ってみよう、と話を進めてきました。

メーラーのスケジュール機能は、今ではどのアプリでも搭載されていますので、「Spark」だけの機能と言うわけではありませんが、各スケジュール機能をそれぞれの利用場面で使い分ける、という意味では非常に優れた機能だと思います。

AndroidとiOSでスケジュール機能を統一してくれると尚いいんですけどね。

「送信予約」、「スヌーズ」、「リマインダー」と3回にわたって操作してきたスケジュール機能は今回で終了です。

次回は、これまたiOSだけの機能になりますが、「内臓カレンダー」機能について操作してみたいと思います。

関連記事

  1. メールアプリ「Spark」の便利機能その7ースヌーズ

  2. メールアプリ「Spark」の便利機能その6ー送信予約

  3. メールアプリ「Spark」の便利機能その9ーメールから直接カレンダーへ予定を書く

  4. メールアプリ「Spark」の便利機能その2ースヌーズとピン留め

  5. メールアプリ「Spark」の便利機能その5ーサイドバーチャット

  6. メールアプリ「Spark」の便利機能その4ークラウドドライブやコンテンツ保存アプリとの連携

  7. メールアプリ「Spark」の便利機能その10ー複数で1つのメールアドレスを管理する共有受信トレイ

  8. メールアプリ「Spark」の便利機能その3ー検索

  9. メールアプリ「Spark」の便利機能その1ーSmart Inbox

特集記事!

  1. 【スクリブルがiPadOS15から日本語対応に】メモアプリはApplePenci…
  2. こんなに簡単!おしゃれで自分好みのロゴを作成できる「DesignEvo」が秀逸す…
  3. メールアプリ「Spark」の便利機能その10ー複数で1つのメールアドレスを管理す…
  4. AppleMusicやSpotifyから音楽ファイルへ変換する!Windowsも…
  5. 続・iPadで使うカレンダー:新しい予定表の作成や公開を設定してみる
  6. 取得したマイナンバーカード!「楽天ペイ」と連携させてみる
  7. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(1位~3位…
  8. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(4位~10…
  9. 会社を退職したいけどできない!退職代行サービスの利用で失敗しない方法とは
  10. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  2. [slack]24.slackに設定したOneDrive上のMicrosoft3…
  3. [slack]25.メインのメールや予定表にOutlookを使っているならsla…
  4. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】進化し続けるエクセ…
  5. 【連載番外】Lucidchartでロジカルシンキングに使う図面を3つ選んでみた
  6. 【OneNote for Windows10】OneNoteにファイルを挿入する…
  7. [OneNote for Windows10]Android端末での利用に重宝す…
  8. iPadでブログ記事を執筆中!記事内に挿入する画像を編集するならどのアプリを使う…
  9. iPadの時短技3選!無駄な時間を省いて効率よく作業しよう
  10. [slack]28.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP