情報整理術の数々! PICK UP!

やばっ!Visioがインストールされていない・・・そんな時にiPadで使える図面作成アプリとは

マイクロソフトのOffice製品に
「Visio」
という製図・作図を行うソフトウェアがあります。

Officeのパッケージ製品(Word,Excel,PowerPointがパックになった製品)などには含まれず、
単体のWindows用ソフトウェアとしてのみの販売となっているため、お目にかかったことがある人は
もしかしたら少ないかもしれません。

「Visio」は、得意先に提出するネットワーク図面を作成したり
ハードウェア導入後のオフィスレイアウト図を書く際に、とても重宝した思い出深いソフトウェアだったりするのですが、
最後に使ったバージョンは「Visio 2003」で、ここ10年くらいは全く触れてもいませんでした。

先日、たまたま昔作成したVisioファイル(拡張子が「.vsd」のファイル)を見ていたのですが・・・。
今使っている「Windows10」のパソコンに「Visio」はインストールされていないのに、
ファイルにアイコンが表示されて、何となくファイルが開けるような形になっていたのです。

その「.vsdファイル」を開いてみると・・・。

マイクロソフトの新しいブラウザである「Edge」の登場で、
互換性のためだけに「Windowsアクセサリ」に追いやられ、
ひっそりと余生を送っていた「InternetExplorer11」によってファイルが開かれたのです。

もちろん、ファイルの中身を編集することはできないのですが、
作成したファイルの確認だけならこれで十分できます。

どうやらVisioで作成されたファイルは、Viewerを実装しているらしく
Visioがインストールされていないパソコンで読み込むと、
InternetExplorer上のActiveXコントローラとして動いてくれるので、ファイルの参照だけはできるようなんですね。

さて、そんな久々に閲覧したVisioファイルですが、
「パッケージ版のVisio」を実際に購入すると現在の2019バージョンで、「45,000円」くらい掛かります。

これは、さすがにちょっと痛い出費ですよね。

でも、ちょっとした図面を手早く描けるアプリは何かないかな・・・
と探しているならば、iOSで利用できる
「Lucidchart」
というアプリを使ってみるという方法があります。

文書3つまでの作成であれば無料

「Lucidchart」は、機能を大幅に限定されたバージョンで良ければ、
無料で利用することができます。

新規で作成、もしくは他文書からのインポートで追加できる数は
無料の場合、最大で「3つ」までとちょっと少なく感じるかもしれません。

テンプレートは豊富に揃っています。
上の画面では、カテゴリーから「フローチャート」を選択しています。

白紙もしくは既存のカテゴリーから新規で文書を作成する以外に、
「他文書からのインポート」
で追加することも可能です。

ここで、先程の「Visioファイル」をインポートすることができるのです。

パソコンなどに保存されている「Visioファイル」を
「iCloud Drive」にアップロードすると、既にファイルのアイコンが
「Lucidchart」のアイコンになっていますね。

インポートすると、以前にVisioで作成したファイルが「Lucidchart」で見られるようになりました。

Visioファイルのインポートは編集できず・・

ただ、残念なことにインポートしたVisioファイルの編集は、無料ユーザーではできないのです

月額で1,150円の「Professionalプラン」であれば、インポートしたVisioファイルを編集することができるようになります。

文書内のオブジェクトは60個まで

色々と制約が厳しい「Lucidchart」ですが、
文書内に置けるオブジェクト数も無料ユーザーの場合は、「60個まで」という制限があります。

上の図は、テンプレートから新しくフローチャートを作成したところです。
この図面の場合、置かれたオブジェクトが60個未満であり、まだオブジェクトを追加できるため、
左側の赤く囲んでいるオブジェクト一覧でオブジェクトを選択できるようになっています。

もし、オブジェクトが60個を超えてしまうと、
上の図のように、「これ以上オブジェクトを追加できません」と表示されるようになります。

総括

「Lucidchart」は、インストールするだけであれば無料ですが、
無料ではこれまで見てきたような制約もあって、
おそらくあまり使い勝手がいいとは言えないかもしれません。

ただし、
「簡単な図面でいいから描きたい」
「他のソフトウェア(アプリ)で作成された図面を確認だけしたい」
と言う場合には、入れておいても損はないでしょう。

無料で使用する環境をまとめると以下のようになると思います。

  • 白紙から簡単な図面を描く
  • テンプレートを利用して60個以内のオブジェクトで描く
  • 他アプリで作成された図面を確認する
  • 3つを超える図面の保存は必要としない(もしくはPDFファイルで保存しても問題ない)

「Lucidchart」の2つの有料プランは、どちらも月額で費用が発生します。

それであれば、VisioのOnlineプラン(月額費用)を購入するか、
パッケージ版(買い切り)を購入した方がアプリの性能としては間違いないかもしれませんね。

もし、急に図面ファイルを確認する必要が発生した場合、
そして、ちょっとした修正を加えるなどの必要がある場合は、
今回のように「Lucidchart」でその場を凌ぐのはありかもしれません。

Lucidchartもクラウドで利用できる

オンラインでの共同作業、リーズナブルな料金体系から
Visioの代替ソフトウェアとしてクラウドベースで使えるLucidchartにも注目が集まっています。

Lucidchartのページ

このクラウド版Lucidchartも改めて記事としてアップしていきます。

関連記事

  1. iPadのsmartkeyboardを使っていて英語入力ができなくなった時に確認したいこととは?

  2. [連載]これから始めるiPad Pro!便利な使い方実践講座―マルチタスクで複数のアプリを起ち上げる…

  3. パソコンからiCloud DriveへアップロードしたファイルがiPadで見られない場合に確認してお…

  4. iPadで手書きのメモを取る!ApplePencilが使える無料のメモアプリ5選

  5. [連載]これから始めるiPad Pro!便利な使い方実践講座―マルチタスクで複数のアプリを起ち上げる…

  6. iPadで手書きのメモを取る!Microsoft WordでApplePencilを使うには

  7. iPad Proの純正キーボード「Smart Keyboard」は外出先の仕事でも使えるのか?!

特集記事!

  1. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  2. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  3. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  4. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  5. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…
  6. マイクロソフト発StickyNotesで覚えておきたい設定・使い方8選
  7. 【OneNote for Windows10】StickyNotesが使用可能に…
  8. iPadで手書きのメモを取る!ApplePencilが使える無料のメモアプリ5選…
  9. 楽天銀行の法人ビジネス口座を持っているなら無料で使えるクラウドアプリを使ってみよ…
  10. 外出先からの転送もOK!使い勝手のいいファイル転送アプリを3つ選んでみた

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. 【OneNoteへGo】YouTubeの動画をノートに埋め込む
  2. 【OneNoteへGo】Office製品のOutlook連絡帳をOneNoteの…
  3. 【ちょっと休憩】検索したいわけじゃないけどつい弾きたくなる「弾いちゃお検索」とは…
  4. 【マイクロソフト To-Do】パソコンとスマホで”やること”をシンプルに管理する…
  5. 【Google ToDo リスト】Gmailからも起動OK!Googleの予定管…
  6. ワールドカップには嘘のような法則が存在する?!
  7. 【リメンバーザミルク】海外製アプリながら使いやすいインターフェースで人気のタスク…
  8. これは使ってみたい!3つのTo-doリストを比較してみた
  9. 絵心がないからデザインは苦手っ・・・そんなあなたは「Canva」があればもう大丈…
  10. 経県値―自分がどれだけの都道府県に足を踏み入れたのかが簡単に分かるスマホアプリ

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP