情報整理術の数々! PICK UP!

iPadOS13でとうとう解禁されたファイルの解凍・圧縮を「iZip」アプリで試してみる

従来のiOSではできなかった作業の一つに
「ファイルの圧縮・解凍」
があります。

メールでの添付ファイルや、メッセンジャーでのファイル送信の際に、容量の大きいファイルであればファイルを圧縮してからやり取りする、という場面はよくありますよね。

また、セキュリティ的にも圧縮時に「パスワード」を掛けたりする場合もあります。

iPadOSの登場により、Windowsなどのパソコン作業ではおなじみだったこれらの作業が、iPadでもできるようになったわけですが、今回はそんなiPadOSで利用できる「圧縮・解凍アプリ」として「iZip」アプリの使い方を見ていきたいと思います。

iZipをインストール

まずは「iZip」を端末にインストールします。

「iZip」を起動すると、トップ画面が表示されます。

設定の変更や圧縮・解凍するファイルの場所を選択する画面などが表示されます。

写真やオーディアオファイルなどは、「iZip」にアクセス権がなければ、iPadのプライバシー設定でアクセス権を与えてください

写真の圧縮・解凍

iCloudに保存されている画像ファイルを圧縮してみます。

左側のツリーから「写真」をタップすると、iCloudやその他のクラウドドライブに保存されている写真データが表示されます。
今回は、スクリーンショットで保存した画像を圧縮してみます。

サムネイルが表示されている状態で、画像をタップすると画像が拡大し、大きなサイズで画像の内容を書くに飲できます。
目的の画像が見つかったら、右上の「選択」をタップします。(①)
画像をタップします。(②)

タップした画像にチェックマークが付き選択された状態となります。
画面下にある「圧縮」をタップすると、「写真のサイズを減らしたいですか」とメッセージが表示されます。

「はい」か「いいえ」で返しますが、どちらをタップしても写真は圧縮されます

アーカイブされたファイルが作成されます。

このファイル名をタップすると、圧縮ファイルの中身が表示され解凍するかを聞かれます。
解凍する場合は「はい」をタップします。

ファイルの削除

「iZip」で作成したファイルだけは、このアプリ内で削除ができます。
先程作成した圧縮ファイルを左へ少しスワイプします。

左へスワイプされたファイルは、右側に削除ボタンが表示されます。

「削除」をタップすると、作成した圧縮ファイルが削除されます。

どれぐらい圧縮される?

Windowsパソコンでも同様ですが、画像ファイルは圧縮してもそれほど容量に変化はありません。

ここでは、WordファイルやPDFファイルなどがどれくらい圧縮されるのか試してみたいと思います。

文書ファイルなどは、クラウドストレージやiPad内に保存してあるファイルを呼び出すので、上のように「iZip」内の「ファイル」という場所に一旦入ります。

タップしてチェックを付け、画面下部の「圧縮」をタップします。

圧縮されたファイルが作成されました。
圧縮前は「272kb」だったのが、圧縮後は「227kb」となっています。

その前に作成したPDFファイルは、圧縮前が「992kb」で圧縮後が「922kb」となりました。

圧縮時のパスワードはPro版が必要

「iZip」は、圧縮時のパスワードをアプリ内の「設定」であらかじめ決めておくことができます。
ただし、この機能は有料版の「iZip Pro」が必要となります。
記事執筆時点で、買い切りライセンスの860円となっています。

アプリの左側にある「設定」をタップして、表示された一覧から「Zip設定」をタップします。

「既定の圧縮方法」では、圧縮時にパスワードを掛けるか、
パスワードを掛ける場合に、毎回決まったパスワードにするか、圧縮の都度パスワードを指定するかなどを設定できます。

圧縮の度に、「毎回プロンプト」するように設定しておくと、圧縮後にパスワードを入力する画面となります。

総括

「iZip」アプリは、他の「圧縮・解凍アプリ」にありがちな
「クラウドストレージのファイルを圧縮するなら有料」
というのがなく、「OneNote」や「Googleドライブ」、「DropBox」など主要なクラウドストレージのファイルでも圧縮できるのが特徴です。

また、圧縮時も
「広告を試してみないと圧縮できない」
などの制限などがまったくないので、パソコンで使ってきたような圧縮作業と同じような感覚で使えると思います。

とは言え、無料版では上にも記載したように、
「圧縮時のパスワードを掛けられない」
「画面復帰の際にPro版への移行を広告される」
「常に広告が表示される」
などの使い勝手の悪さはあります。
それでも、入れておいて損はないアプリと言えるかもしれません。

共有からメールなどでファイルを送る際にも、そのまま圧縮して添付するような作業も簡単にできますから、またパソコンと同じ感覚で新たな作業ができるようになったわけです。

圧縮・解凍が解禁となったこれからは、この手のアプリはどんどん開発されていくでしょう。
今後も無料で使いやすいアプリがたくさん世に出てくる流れを期待したいものですね。

関連記事

  1. やばっ!Visioがインストールされていない・・・そんな時にiPadで使える図面作成アプリとは

  2. iPadで手書きのメモを取る!ApplePencilが使える無料のメモアプリ5選

  3. iPadで勝手に文字が変換されるようになった?と思ったらライブ変換を確認しよう

  4. iCloudフォトにWindowsパソコンから動画をアップロードできない場合に確認しておきたい設定と…

  5. iPadで手書きのメモを取る!Microsoft WordでApplePencilを使うには

  6. [連載]これから始めるiPad Pro!便利な使い方実践講座―マルチタスクで複数のアプリを起ち上げる…

  7. [連載]これから始めるiPad Pro!便利な使い方実践講座―マルチタスクで複数のアプリを起ち上げる…

  8. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ

  9. iPadで画面上の動きを録画する「画面収録」を使ってみる

特集記事!

  1. 会社を退職したいけどできない!退職代行サービスの利用で失敗しない方法とは
  2. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選
  3. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  4. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  5. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  6. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  7. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  8. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  9. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  10. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編③
  2. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編④
  3. コスパと性能の両面で購入したい!Bluetoothスピーカー【EWA107】の実…
  4. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  5. 契約書の作成から管理までをクラウドで完結できる!【Holmes】で契約のすべてを…
  6. 自社のサイトにオリジナリティ溢れる入力フォームを作るには?!作成も管理も手軽な【…
  7. クラウドベースでVisioと同じように様々な図面を作成できるLucidchart…
  8. Bluetooth接続を利用してWindowsパソコンとAndroidスマホでデ…
  9. エクセルに標準搭載された3Dマップを活用する![その3]―ツアー動画をYouTu…
  10. エクセルに標準搭載された3Dマップを活用する![その4]―フィールドリストが重複…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP