情報整理術の数々! PICK UP!

iPadで勝手に文字が変換されるようになった?と思ったらライブ変換を確認しよう

iPadで文字入力をしていたら、「急に勝手に文字が変換されるようになった」と驚いた方はいませんか?

本記事執筆時点でiPadOSの最新バージョンとなる「13.4」では、MacOS Xでもおなじみの
「ライブ変換」
が使えるようになりました。

ただし、Apple純正の「Smart KeyBoard」やBluetooth接続などの外部キーボードを使っている場合のみの機能となります。

設定場所を確認するには

「ライブ変換」は、外部キーボードが接続されていると勝手にオンとなるので、
「突然、勝手に文字が変換されるようになった」
という感覚になるかもしれません。

まずは、「ライブ変換」の設定場所を確認してみましょう。
「設定」を開いてみます。

さらに、左サイドから「一般」をタップします。

【キーボード -> ハードウェアキーボード -> ライブ変換】

「ライブ変換」が「オン」になっていると、入力した文字が勝手に変換されるようになります。

「ライブ変換:オン」で文字を入力してみる

メモアプリの「Bear」で文字を入力してみました。

”今日”という文字を入力してみようと思ったのですが、
「きょ」
と打ったところでは変換候補が表示されただけでまだ勝手に変換されません。

さらに「う」と打ったところで、「今日」と自動で変換されました。

もし、変換したい文字が「今日」でなければ、自動変換後に「スペースキー」を押すと、変換候補が表示されます。

この状態で、「バックスペースキー」を押すと、「きょう」から一文字消され「きょ」に戻ります。

文章入力で一気に自動変換そして個別に修正

単語単位で入力した文字を確定させると、その単語の変換を修正する方法も簡単ですが、一気に文章を入力した場合はどうでしょうか。

文章をずらっと入力していくと、ある一定の長さまでは変換した文字を修正できるようになっています。
上の画面のように文章を一気に入力すると、前半は確定されてしまいましたが、文字が反転されている「ありました~」以降はまだ再変換の余地が残されているのです。

文章で入力すると変換の余地が残っている部分は、変換の区切りが自動的に入ります。
最後まで入力してから変換できる場所に戻りたい時には、「左右の矢印キー」を押します。

上の画面で言えば、「します」から左矢印キーを2回押して「会議を」の区切りまで変換位置を戻し、候補を表示したところとなります。

総括

この「ライブ変換」は慣れないと逆に使いづらく感じる場合もあるので、
その場合は設定で「ライブ変換」を「オフ」に戻しましょう。

ただ、慣れてきて使いこなせるようになると文字入力の速度は確かに速くなります。

もちろん、必ずしも自分の想定している変換にならないのは、手動で変換している時と同じですけどね。

この「ライブ変換」は「iPadOS」でハードウェアキーボードを使っている際の機能になるので、残念ながらiPhoneやiPadでも引き続き「iOS」を使っている人では利用できません。

「iPadOS」を導入していないiPad使いの方は、これを機に是非OSのアップグレードを試してみてはいかがでしょうか!

関連記事

  1. iPadOS13でとうとう解禁されたファイルの解凍・圧縮を「iZip」アプリで試してみる

  2. iPadの時短技3選!無駄な時間を省いて効率よく作業しよう

  3. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ

  4. iCloudフォトにWindowsパソコンから動画をアップロードできない場合に確認しておきたい設定と…

  5. [連載]これから始めるiPad Pro!便利な使い方実践講座―マルチタスクで複数のアプリを起ち上げる…

  6. [連載]これから始めるiPad Pro!便利な使い方実践講座―マルチタスクで複数のアプリを起ち上げる…

  7. iPadのsmartkeyboardを使っていて英語入力ができなくなった時に確認したいこととは?

  8. iPadで手書きのメモを取る!ApplePencilが使える無料のメモアプリ5選

  9. iPadでブログ記事を執筆中!記事内に挿入する画像を編集するならどのアプリを使う?

特集記事!

  1. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選
  2. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  3. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  4. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ
  5. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!…
  6. 【連載3】Lucidchartで作成した図面をGoogleの文書やシートに挿入す…
  7. 【連載2】Lucidchartで図面作成からプレゼンテーションまですべて完結!プ…
  8. 【連載1】Lucidchartの図をワードやエクセルに挿入する―マイクロソフトイ…
  9. 【連載序章】よい図面作成アプリが見つからない現場担当者必見!Lucidchart…
  10. 簡単設定と分かりやすい料金プランで国内・国外”どんなときも”Wi-Fiが繋がるな…

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編③
  2. 【シリーズ:人より一歩先行くエクセル技を身につける】ピボットテーブル編④
  3. コスパと性能の両面で購入したい!Bluetoothスピーカー【EWA107】の実…
  4. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  5. 契約書の作成から管理までをクラウドで完結できる!【Holmes】で契約のすべてを…
  6. 自社のサイトにオリジナリティ溢れる入力フォームを作るには?!作成も管理も手軽な【…
  7. クラウドベースでVisioと同じように様々な図面を作成できるLucidchart…
  8. Bluetooth接続を利用してWindowsパソコンとAndroidスマホでデ…
  9. エクセルに標準搭載された3Dマップを活用する![その3]―ツアー動画をYouTu…
  10. エクセルに標準搭載された3Dマップを活用する![その4]―フィールドリストが重複…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP