情報整理術の数々! PICK UP!

iPad Proでサッとできる!書類をスキャン&電子印鑑で捺印

自宅で作成した書類をデータ化して印鑑捺印する方法を「iPad Pro」でやってみましょう。

今回は、スキャンも電子捺印もアドビ製品を使ってみたいと思います。

「Adobe Fill & Sign」で書類をスキャン

オフィスへ出勤しなければならない理由の内、よく挙げられるものとして、
「書類への捺印」
があります。

銀行などの金融機関でローンを組む際にも、書類に押されている印鑑は、”部長”、”課長”、”担当”など3つの四角い枠がきちんと揃えられ、”バン・バン・バン”と押印されていますよね。

契約書などの類ではなく、社内的な書類のやり取りで押印が必要な場合など、電子化できる部分については今ではいくらでもやり方があります。

まずは、作成したドキュメント(ここでは紙で印刷されたもの)を「Adobe Fill & Sign」(以降Fill&Sign)でスキャンしてみたいと思います。

「Fill&Sign」を起動し、最初に書類をどのようにスキャンするかを選択します。
紙の書類をスキャンする場合は、「写真を撮る」をタップし、iPadのカメラで写真を撮ってスキャンします。

電子印鑑の作成

印鑑は、「電子印鑑」アプリを使用します。

このアプリは、アプリの向きが固定されてしまいます。
スマートキーボードに乗せてiPadを横向きで使う場合、上の画面のようにアプリの向きが傾きますので、iPadを縦にして使うか、自分の首を傾けて正面に見えるようにしてください。

それでは、実際に自分の名前の印鑑を作成してみましょう。

印鑑に表示する文字を設定します。(①)

印鑑の文字の大きさを指定します。(②)

印鑑に表示する文字のフォントを指定します。(③)

印鑑が作成できたら、「アルバムに保存」をタップします。

印鑑に日付を入れる

「電子印鑑」アプリを使うと、日付入りの印鑑も作成できます。

印鑑の種類で、「丸-日付」をタップして選択します。(①)

日付の設定で、設定する日付と文字サイズを指定します。(②)

最後に、「アルバムに保存」をタップします。

「Fill&Scan」で作成した印鑑を読み込む

それでは、アルバムに保存した印鑑データを「Fill&Scan」でスキャンした用紙に貼り付けます。
今回は、日付入りの印鑑を挿入してみます。

押印したい書類を開き、下のメニューからペンマークのアイコンをタップして、「イニシャルを作成」をタップします。

表示された画面で、「画像」をタップします。(①)

先ほど、保存した印鑑データが表示されます。日付入りの印鑑データをタップして選択します。(②)

「署名を選択」というウィンドウが表示されるので、「完了」をタップします。

上のように、元の画面に戻ります。
「完了」をタップします。

書類に印鑑データが挿入されます。

印鑑の大きさは、「左右の矢印」のアイコンをドラッグすると変更できます。

やり直す場合は、「ゴミ箱」アイコンをタップして削除しましょう。

総括

書類の内容や決済内容によっては、電子印鑑ではダメな場合もあるでしょうけれど、”電子印鑑の捺印でもいいんじゃない?”という場合は、こういったアプリを使って対応できますね。

「電子印鑑」アプリをiPadにインストールすると、画面の向きやデータ保存(有料版で「広告なし&次回起動時まで」保存可能)などに若干の手間がありますが、無料版で十分利用できるでしょう。

紙ベースの書類も、iPadに「Fill&Scan」アプリと「電子印鑑」アプリを入れておけば、カメラスキャンから捺印、クラウドアップロード、必要があれば会社などで別の社員の方が出力・・と一連の作業が簡単にできてしまいます。

iPadを使っているなら、入れておいてもいいアプリと言えるでしょう。

関連記事

  1. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!同じアプリを画面に並…

  2. やばっ!Visioがインストールされていない・・・そんな時にiPadで使える図面作成アプリとは

  3. iPad Proの純正キーボード「Smart Keyboard」は外出先の仕事でも使えるのか?!

  4. iPadで勝手に文字が変換されるようになった?と思ったらライブ変換を確認しよう

  5. パソコンからiCloud DriveへアップロードしたファイルがiPadで見られない場合に確認してお…

  6. [連載]これから始めるiPad Pro!便利な使い方実践講座―マルチタスクで複数のアプリを起ち上げる…

  7. iPadでデフォルトブラウザとデフォルトメールを変更するには?!

  8. iPadOS13でとうとう解禁されたファイルの解凍・圧縮を「iZip」アプリで試してみる

  9. iPadで画面上の動きを録画する「画面収録」を使ってみる

特集記事!

  1. 続・iPadで使うカレンダー:新しい予定表の作成や公開を設定してみる
  2. 取得したマイナンバーカード!「楽天ペイ」と連携させてみる
  3. WordPressデータの移行はこれでOK!コアサーバーへのデータ移行マニュアル…
  4. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(1位~3位…
  5. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(4位~10…
  6. 会社を退職したいけどできない!退職代行サービスの利用で失敗しない方法とは
  7. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選
  8. 高機能は必要ない!初心者にも簡単な動画の編集を可能にしたEaseUS Video…
  9. Office365のエクセルにもとうとう登場したスピル!オートフィルや配列数式と…
  10. iPadOSでできるようになったテキスト操作とファイル操作いろいろ

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  2. [slack]24.slackに設定したOneDrive上のMicrosoft3…
  3. [slack]25.メインのメールや予定表にOutlookを使っているならsla…
  4. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】進化し続けるエクセ…
  5. 【連載番外】Lucidchartでロジカルシンキングに使う図面を3つ選んでみた
  6. 【OneNote for Windows10】OneNoteにファイルを挿入する…
  7. [OneNote for Windows10]Android端末での利用に重宝す…
  8. iPadでブログ記事を執筆中!記事内に挿入する画像を編集するならどのアプリを使う…
  9. iPadの時短技3選!無駄な時間を省いて効率よく作業しよう
  10. [slack]28.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP