情報整理術の数々! PICK UP!

【スクリブルがiPadOS15から日本語対応に】メモアプリはApplePencilと共に

iPadOS(iOSも含む)のバージョン14から対応となった
「スクリブル」
ですが、最新のバージョン15以降は日本語にも対応となりました。

「スクリブル」とは、「ApplePencil」で画面に書いた文字がそのままデータ化されるもので、これからは「手書きデータのまま保存する」か「テキストデータとして保存する」かを選択できるようになりました。

こちらも進化した「標準のメモアプリ」を使って、「スクリブル」を始めとして使いやすくなった”メモ書き”の機能を試してみたいと思います。

ApplePencilの設定を確認

最初に、「設定」から「ApplePencil」を確認してみましょう。

”英語および日本語”と表記された「スクリブル」のチェックがオンになっていれば、「スクリブル」が利用できるようになっています。(①)

「スクリブルを試す」をタップすると、「ApplePencil」で手書き文字がデータに変わる動作を確認できます。

「スクリブル」がいらない機能であれば、この設定を「オフ」に切り替えます。

また、「ペンシルジェスチャ」は、左右の下隅からのスワイプ動作を指定できます。(②)

デフォルトでは上の画面のようになりますが、この機能は設定をオンにするかオフにするかだけとなり、他の動作は指定できません。

つまり、右下隅からのスワイプ動作は、「クイックメモを開く」か「何も動作しない」かのみの選択となります。

クイックメモを開く

では、以下の動画のように画面の右下隅から「ApplePencil」でスワイプして、「クイックメモ」を開いてみましょう。

開いたメモに、「ApplePencil」で「こんにちは」と入力してみました。

手書き文字がデータ化されて入力されましたね。

動画内でも説明していますが、「ApplePencil」で手書きする場合は、下の「A」と書かれたペンを「オン」にしておく必要があります。

日本語にならない

設定で「スクリブル」を「オン」にしているのに、手書きで書いた日本語がきちんとデータ化されない場合は、キーボードを確認してみます。

画面右下の「キーボードアイコン」をタップ(①)して、表示されたメニューの「キーボードアイコン」をさらにタップ(②)すると、使用する言語の一覧が表示されます。一覧から「日本語を選択」(③)すると、日本語の手書き文字がデータ化されるようになります。

それでは、「メモ」アプリを開いて、クイックメモを確認してみます。

メモアプリ内のクイックメモを確認する

ホーム画面の右下隅スワイプから起動した「クイックメモ」は、「メモ」アプリを起動すると「クイックメモ」というフォルダにカテゴライズされます。

先ほどスクリブルで入力した”こんにちは”と書かれたメモが1件登録されています。

タップして開くと、同じようにペンアイコンがあり、「A」と書かれたペンをタップするとスクリブルで手書き文字がデータ化されます。

Numbersに手入力したデータをクイックメモに保存する

表計算アプリの「Numbers」やワープロアプリの「Pages」でもスクリブルが利用できます。

「Numbers」の表に手書きで入力した数字をデータ化し、「メモ」アプリのクイックメモに保存してみたいと思います。

上の動画のように、任意のセルに対して手書きで入力すると、きちんとデータ化された値へと変換されました。

この場合、表内のセルを選択していなくても大丈夫です。

「・・・」をタップして、一覧から「共有」をタップします。

共有するアプリとして「メモ」を選択し、保存先に「クイックメモ内に新しいメモとして作成」するように設定します。

上の画面のようになったら、ウィンドウ内右上の「保存」をタップします。

「メモ」アプリの「クイックメモ」に先ほどの「Numbers」で作成したデータが添付形式で保存されています。

ただし、赤く囲った添付データを開いた先の画面ではスクリブルを始めとするデータの入力はできません。

データの入力は、添付データの後に続く部分、この場合は青く囲った部分以降で行うようにしてください。

Safariで表示したWebページの文章をクイックメモに保存する

ブラウザの「Safari」でスクリブルを試してみましょう。

検索窓に手書きした「ヤフー」という文字がデータ化されました。

多少であれば、検索窓からはみ出て書いてもスクリブルが機能します。

「ApplePencil」で、ページ内文章の任意の位置をタップするとその部分が選択されます。
後は、それをドラッグしてメモに保存したい部分を範囲指定します。

ポップアップメニューから「新規クイックメモ」をタップします。

範囲選択したした文章がメモ内に引用され、リンクがその下に表示されます。

保存したリンクが開くブラウザは?

Safariで閲覧した文章とそのリンク先がメモにコピーされましたが、保存したリンクをタップして開く場合はデフォルトで使用するブラウザが起動します。

Safariから引用したメモ内には、もちろん入力データも一緒に保存できます。

上の画面では、赤く囲ったデータをスクリブルで手書き入力したところです。

Safariを開いてから、クイックメモに手書きデータを入力するまでのすべてが「ApplePencil」だけで完了しました。

総括

これまで、アプリ内でApplePencilを使う場合、明らかな手書きデータを保存したい場合や色をつけて強調したい場合など、利用環境は限定されていました。

iPadOS15にアップデートし、スクリブルが日本語でも使えるようになったおかげで、ApplePencilだけで作業の流れを止めずに済む場面も増えましたね。

結構な汚い字でも正確に読み取ってくれるので、ストレスなく使えています。

皆さんがお持ちのiPadが「iPadOS15」にアップデートできるかどうかも確認しながら、スクリブルの効果を是非試してみてください。

関連記事

  1. iPadで勝手に文字が変換されるようになった?と思ったらライブ変換を確認しよう

  2. iPadOS13でとうとう解禁されたファイルの解凍・圧縮を「iZip」アプリで試してみる

  3. iPadでデフォルトブラウザとデフォルトメールを変更するには?!

  4. iPad Proの純正キーボード「Smart Keyboard」は外出先の仕事でも使えるのか?!

  5. iPadのsmartkeyboardを使っていて英語入力ができなくなった時に確認したいこととは?

  6. iPadでブログ記事を執筆中!記事内に挿入する画像を編集するならどのアプリを使う?

  7. iPadOS13で強化された「Slide Over」と「Split View」!同じアプリを画面に並…

  8. [連載]これから始めるiPad Pro!便利な使い方実践講座―マルチタスクで複数のアプリを起ち上げる…

  9. iPadの時短技3選!無駄な時間を省いて効率よく作業しよう

特集記事!

  1. 【スクリブルがiPadOS15から日本語対応に】メモアプリはApplePenci…
  2. こんなに簡単!おしゃれで自分好みのロゴを作成できる「DesignEvo」が秀逸す…
  3. メールアプリ「Spark」の便利機能その10ー複数で1つのメールアドレスを管理す…
  4. AppleMusicやSpotifyから音楽ファイルへ変換する!Windowsも…
  5. 続・iPadで使うカレンダー:新しい予定表の作成や公開を設定してみる
  6. 取得したマイナンバーカード!「楽天ペイ」と連携させてみる
  7. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(1位~3位…
  8. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(4位~10…
  9. 会社を退職したいけどできない!退職代行サービスの利用で失敗しない方法とは
  10. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選

人気記事 PickUp!

ー文字だけで語る(あつもじ)ー

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  2. [slack]24.slackに設定したOneDrive上のMicrosoft3…
  3. [slack]25.メインのメールや予定表にOutlookを使っているならsla…
  4. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】進化し続けるエクセ…
  5. 【連載番外】Lucidchartでロジカルシンキングに使う図面を3つ選んでみた
  6. 【OneNote for Windows10】OneNoteにファイルを挿入する…
  7. [OneNote for Windows10]Android端末での利用に重宝す…
  8. iPadでブログ記事を執筆中!記事内に挿入する画像を編集するならどのアプリを使う…
  9. iPadの時短技3選!無駄な時間を省いて効率よく作業しよう
  10. [slack]28.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う…

↓OneDriveの便利な機能が満載!↓

icon-cogマイクロソフトのクラウドストレージである「OneDrive」の便利な使い方をご紹介しています。個人契約でしか利用できない機能もあります。

PAGE TOP