情報整理術の数々! PICK UP!

  • OneNote
  • 最終更新日: 2023.07.11

【OneNoteを使いこなす】「ノートブックのごみ箱」の使い方

このページには広告が含まれる場合があります。

「OneNote」は、他のオフィスアプリケーションと違い、不要になった「セクション」や「ページ」を削除すると、「ノートブック内のごみ箱」へ入る仕様となっています。

削除したデータは、すぐに完全に消えてしまうわけではないのですが、念のため気を付ける点を2点挙げておきます。

  1. 削除する「セクション」や「ページ」は正しいアカウントのものであるか
  2. バックアップをとっておかなくても良いか

実際に、ごみ箱への削除や確認、ごみ箱からの回復を見ていきたいと思います。

ノートブック内のデータをごみ箱へ

「ページ」もしくは「セクション」を右クリックすると、メニューに「削除」があります。

上の画面は、「山形県」ページを右クリックしてメニューを表示したところです。

「削除」をクリックすると、「ノートブック内のごみ箱」へと入ります。

「ノートブックのごみ箱」を確認するには、「ノートブック」を右クリックし、表示されたメニューの「ノートブックのごみ箱」をクリックします。

ノートブックと同じ画面になりますが、ノートブック名に「削除済みノート」と表示されているのが分かります。

中身は、先ほど削除した「山形県」ページが確認できますね。

「OneNote」の場合、削除したデータはまず「削除済みノート」という専用のごみ箱へと入り、ノートブックの閲覧と同じ形で確認できるのです。

なお、「削除済みノート」に入ったデータは、何もしなければ「60日間」は保存されます。

冒頭で、気を付けるべき点として「バックアップをとっておく」と書きましたが、60日以内であればいつでもデータを復旧できるので安心ですね。

削除済みノートからの復旧

では、削除済みノートへ移動後、60日以内のデータの復旧方法を見ていきましょう。

復旧したい「ページ」や「セクション」を右クリックして表示されるメニューから「移動またはコピー」をクリックします。

復旧先は、同じノートブック内の違うセクションでも構いませんし、違うノートブックでも大丈夫です。

「移動」または「コピー」ボタンをクリックします。

削除済みノートを空にする

「削除済みノート」は、60日以降は勝手に削除されるのですが、任意で空にする方法もあります。

「削除済みノート」内の「削除されたページ」セクションに削除したデータが集まっています。

このセクション名を右クリックして表示されるメニューから「ごみ箱を空にする」をクリックします。

「削除済みノート」内のデータは、この操作で完全に削除されますので、操作には十分注意をしてください。

総括

今回は、「OneNote」を使い始めたばかりの人が意外に迷う「OneNoteでのデータ削除」についてのお話でした。

イメージとしては、Windowsのごみ箱とは別に、OneNote専用のごみ箱があると思っていただければいいと思います。

Windowsのごみ箱との違いは、自動削除までの日数が決められている点ですね。

関連記事

  1. 【OneNoteを使いこなす】Windowsパソコンで作成した各データを2つの方法で出力

  2. 【OneNoteを使いこなす】複数アカウントで利用する

  3. 【OneNoteを使いこなす】iOS/iPadOSのクイックノートはウィジェットから使う

  4. 【OneNoteを使いこなす】表作成後に”あっ!できないんだ・・”と思わずため息を漏らす操作5選

  5. 【OneNoteを使いこなす】名刺管理ノート作成ーサンプルデータはChatGPT&名刺写真はBing…

  6. 【OneNoteを使いこなす】ノートブックを共有する

  7. 【OneNoteを使いこなす】ステータスバーに常駐するクイックノートで素早くアクセス!

  8. 【OneNoteを使いこなす】「常に手前に表示」も!作業を充実させる5つの画面表示方法

  9. 【OneNoteを使いこなす】EverNoteからの脱却!

特集記事!

  1. [CLOVA Note]LINEの音声認識AI搭載で音声データを楽々テキスト化!…
  2. [Teams]自分だけが使うチャットでチャット操作をマスター&アカウントに注意
  3. 【スクリブルがiPadOS15から日本語対応に】メモアプリはApplePenci…
  4. こんなに簡単!おしゃれで自分好みのロゴを作成できる「DesignEvo」が秀逸す…
  5. メールアプリ「Spark」の便利機能その10ー複数で1つのメールアドレスを管理す…
  6. 続・iPadで使うカレンダー:新しい予定表の作成や公開を設定してみる
  7. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(1位~3位…
  8. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(4位~10…
  9. 会社を退職したいけどできない!退職代行サービスの利用で失敗しない方法とは
  10. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選

人気記事 PickUp!

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  2. [slack]24.slackに設定したOneDrive上のMicrosoft3…
  3. [slack]25.メインのメールや予定表にOutlookを使っているならsla…
  4. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】進化し続けるエクセ…
  5. 【連載番外】Lucidchartでロジカルシンキングに使う図面を3つ選んでみた
  6. iPadでブログ記事を執筆中!記事内に挿入する画像を編集するならどのアプリを使う…
  7. iPadの時短技3選!無駄な時間を省いて効率よく作業しよう
  8. [slack]28.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う…
  9. [slack]29.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う…
  10. [連載]Windows・Android・iPadOSの異なる環境でメールを同期す…

PAGE TOP