情報整理術の数々! PICK UP!

スマホで画像をスキャンーOffice Lensは画像の文字も読み取る優れもの②

このページには広告が含まれる場合があります。

前回、Androidスマホ(以降スマホ)にインストールした「Office Lens」を使って、ドキュメントのスキャンを実際に試してみました。

前回はこちら↓

「Office Lens」でドキュメントをスキャンすると、スマホ内に保存されるイメージデータ以外は
すべて「OneDrive」に保存されます。

主なファイル形式は、以下となります。

  • PDFファイル
  • Wordファイル
  • PowerPointファイル
  • OneNoteファイル
  • イメージファイル

「Office Lensで優先されているアカウント」に紐づいたOneDriveに保存されるわけですが、
この保存先で唯一、アカウントがらみで気を付けなければならないファイルがあります。

それは、「OneNote」です。

Office365 Businessの場合は注意

当サイトが、「Office365 Business」を契約していることを前提に話を進めていることが多いので、こんなサブタイトルを付けるのは本当に恐縮なのですが・・・

実は、法人アカウントの「Office365 Business」で管理しているノートブックに、
「Office Lens」でスキャンしたドキュメントを放り込むことはできません。

これは、「Office365 Business」のライセンスにおける「サービス」によるところとなります。

というのも、「Office365 Business」ではWordやExcelなどのドキュメントやOneNoteの新規ブックは
「会社名-my.sharepoint.com/personal/ユーザー名~」
と言う場所で管理されます。

各法人アカウント用のSharepoint内にあるOneDriveへ、ユーザー達が様々なドキュメントを保存・共有します。
当然、このOneDriveには、同じ会社のユーザー達しかアクセスできません。

今回の「Office Lens」などの他アプリケーションから、WordやExcel、またPDFなどのように新規に作成されたファイルをOneDrive上にアップロードするだけであれば、問題なくアップロードできるのですが、
OneNoteのように、ファイル(ノートブック)があらかじめ作成されているその中に、
他アプリケーションから「セクションを挿入する」など、OneNoteのファイルの中にアクセスすることは、Shrepoint上での共有違反になっている可能性があります。

そう、「Office365 Business」には、「Sharepointサービスが提供されていない」ことが、要因となっていると思われるのです。

ノートブックの中に情報を共有していく「OneNote」というツールの性質上、
他アプリケーションからOneNoteへのデータ挿入などがうまくいかないときは、
「法人アカウントで、Office365 Business」を契約している場合に限り、
「Sharepoint違反」を疑ってみた方がいいかもしれません。

「Office Lens」以外にも、OneNoteとの連携がうまくいかないケースはあるのですが、それは改めてまとめてみたいと思います。

関連記事

  1. Windows標準の「付箋」で覚えておきたい設定・使い方8選

  2. WindowsのWeb版Teamsでログインできない場合の対処方法とは

  3. パワーポイントのテンプレートで電子カタログを作成する方法とは

  4. Office365のメールの添付ファイルをOneDrive for Businessに保存する-その…

  5. MicrosoftのOfficeサポートへ問い合わせるなら第2言語に注意!

  6. ExcelやWordファイルに保存される個人情報を削除するには

  7. とうとう正式リリース!マイクロソフトの「Whiteboard」アプリの使い心地はいかに

  8. iPadで手書きのメモを取る!Microsoft WordでApplePencilを使うには

  9. マイクロソフトの「Forms」を利用してGoogleフォームのようなアンケートフォームを作成してみる…

特集記事!

  1. [CLOVA Note]LINEの音声認識AI搭載で音声データを楽々テキスト化!…
  2. [Teams]自分だけが使うチャットでチャット操作をマスター&アカウントに注意
  3. 【スクリブルがiPadOS15から日本語対応に】メモアプリはApplePenci…
  4. こんなに簡単!おしゃれで自分好みのロゴを作成できる「DesignEvo」が秀逸す…
  5. メールアプリ「Spark」の便利機能その10ー複数で1つのメールアドレスを管理す…
  6. 続・iPadで使うカレンダー:新しい予定表の作成や公開を設定してみる
  7. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(1位~3位…
  8. 街を愛する地域ポータルサイト!個人的に好きな10サイトを選んでみた!(4位~10…
  9. 会社を退職したいけどできない!退職代行サービスの利用で失敗しない方法とは
  10. 自社でメールマガジンを配信したい!メール配信サービス徹底比較6選

人気記事 PickUp!

おすすめ記事

ピックアップ!

  1. Slackとの連携にも必須!Trelloでチームを作成する方法
  2. [slack]24.slackに設定したOneDrive上のMicrosoft3…
  3. [slack]25.メインのメールや予定表にOutlookを使っているならsla…
  4. 【シリーズ:一昔前のExcel(エクセル)で停滞している方へ】進化し続けるエクセ…
  5. 【連載番外】Lucidchartでロジカルシンキングに使う図面を3つ選んでみた
  6. iPadでブログ記事を執筆中!記事内に挿入する画像を編集するならどのアプリを使う…
  7. iPadの時短技3選!無駄な時間を省いて効率よく作業しよう
  8. [slack]28.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う…
  9. [slack]29.チャットではカバーしきれない分散される情報をStockで拾う…
  10. [連載]Windows・Android・iPadOSの異なる環境でメールを同期す…

PAGE TOP